初めにご注意

 特にジャンルにこだわらずに興味のあるものについてあれこれと書いています。

 トラックバックについては、最近スパムなものが多いので承認制としています。
 その為公開まで1~2日掛かるかもしれません。

 コメントについては承認制にはしませんが、場違いなものや気分を害するものは予告なく削除します。
 まぁコメントがついていることに気づかなかったり、判っていてさらし者にする事もありますが。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

#CASIO EX-H15を再び試す

 このところ全く使っていなかったCASIOのEX-H15を発掘したので、久方ぶりに持ち出してみた。
 台風の影響で天候が荒れる危険大だったので、ある意味惜しくないデジカメだからと言う事で持ち出しに。

 バッテリーは完全に上がってたので、出掛けるまでの1.5h程充電して持ち出したが、十数枚撮る程度なら問題なし。
 日時設定も飛んでたので再設定したけれど、内部に情報保持用バッテリーとかがあったら多分死んでるだろうし、また死ぬ気がする。

 持って出て感じたのが、その携帯性の高さ。
 X7はMはともかく、PSG7と比べても厚みで半分、大きさも一回り違って重量も恐らく半分といったところだろう。
 PSG7がちょっと無理目にポケットinだったのに対して、余裕を持ってポケットに入る。

 撮影してみると、テレ端とAFの速度はとても使う気にはならないが、近場でスナップする分にはこれでもいいかなと思ってしまう。

 何気なく試し取りで空を撮ってみたが、カメラ任せのAUTOでこんな感じで撮れる。
Cimg1485

Cimg1486

Cimg1487

 CANONと言うよりEOSがカメラは自然に撮って、ユーザ毎に仕上げは任せる感じに対して、CASIOはカメラが最適だと思う画像を残すといったところが、空の画像を見て改めて感じたところ。
 それが顕著だったのがプレミアムオートを使ったところ。
 プレミアムオートはこのデジカメのウリの部分で、良い絵が撮れていると言われる。

Cimg1498

Cimg1499_2

 上がプレミアムオート、下が普通のオート。
 プレミアムオートは暖色系の感じに仕上げられていて、オートは青々しい。
 ただ実際はオートの方に近い状態で、恐らく肌色を感知してその色合いをベースに全体を弄ったように思える。
 川崎のレプユニが青なので、これが綺麗に出ないと絵的には違和感を感じる。
 これは特殊な例なので、普通なシーンではメリットの方が多いんじゃなかろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月20日 (土)

マックのFREE Wi-Fiを使ってみた

1471654068404.jpg
 マックがFREE Wi-Fiのサービスを始めたので、何回か使ってみた。
 利用した店はその都度違うので、明確な評価にはならないのを最初にお断り。

 元々DSのダウンロードサービスなんかをやってたので、設備を持ってる店はある程度あった筈なので、そういった店からサービス開始したのかもしれない。

 接続そのものはスマホのWi-Fiを有効にするとすぐ繋がった。
 有償のdocomoのWi-Fiサービスと違って認証は何もなかったので、重要なやり取りはしない方が無難。

 スピードはかなり速かった。
 20MB/s近く出てたので、大抵のサイトを見るのに不満は無かった。
 回線が50MB/s位を使ってるんだろうと想像。

 その代わり、利用者が多くなる昼食時になると、全くと言っていいほどスピードが出なくなった。
 接続そのものは出来てるので、帯域が不足して過負荷状態なのだろう。
 業務用の太い回線では無さそうって考える根拠がこれ。
 ピーク時を捌く能力保証してたら、とんでもない費用が掛かる訳だし、元々無料なんだから文句は言えない。。

 時間帯を選べばそれなりに使えると言うレベルで考えれば、良いサービスだと思う。
 ただ、マックって、店の改装をやる際に電源の撤去をしてるので、ノマド的な拠点としては使い勝手は落ちてるのは残念だけど。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

最近見掛けた珍車 トヨタ・スープラ

 XXってネーミングが北米的にNGだったことで、「スープラ」と命名された先代から、名称を引き継いだ二代目。

 リアのエンブレムを信じるなら、2.5リッターのツインターボの最強モデル。
 直線基調のデザインは、妙にデカくなった感じになった三代目より好みではある。
 ただ、パワー競争の最中のモデルであっただけに、2.5リッターの排気量で280馬力が優先されたのはやりすぎだったように思う。

 スポーツカー復権とかで、またスープラって名称が復活するとか言われているが、果して?

画像はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

bay blue (EOS M) 41 夏らしく

 久々にbay blueを持ち出したので。
 野津田公園で見つけたセミの脱け殻を色々撮ってみた。

 ただちょっと風があったので、葉っぱが揺れてフォーカスがずれて惚ける(笑)

Img_0855

 シャッター優先で1/400sで撮ったが、絞りがf4.5と意外と開いてるのに、日陰だからと露出補正を+0.7にしてたのでこんな感じに。

Img_0856


 絞り優先モードでf7.1、露出補正は逆に-0.3、シャッタースピードは1/50s。
 割といい感じに。
 シャッタースピードをもう少し上げてれば露出補正はいらなかったかも。

Img_0857

 同じ設定で撮ったものの、風で葉っぱが揺れてフォーカスがずれて失敗。

Img_0858

 角度を変えての一枚。
 全く同じ設定で、シャッタースピードは背景が明るいせいか1/160sまで速くなった。
 f7.1でも背景がここまでボケるとは。
 いい感じに脱け殻が浮き上がってくれた。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 9日 (火)

マックの必勝バーガーを食べてみた

 オリンピックだからと言う訳ではないが、先週末の甲府戦前に「必勝」を期して食べてみた。


1470696104592.jpg

 選んだのはチキン&トマト。
 パイナップルはちょっと抵抗が有ったので。


1470696105475.jpg

 クリスピーな感じの歯ごたえがあるチキンはいい感じ。
 ただ残念なのが、トマトが薄くて存在感も薄い事。
 チキンがそれなりに厚みを感じる分、バランスが悪い。
 チキンの上に載ったスライスチーズはさして存在感を感じないので、チーズを省いてトマトをもう少し厚くなってれば。
 モスバーガー位の厚さがあればと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

HBの終焉?


 いつだったかのニュース記事で、鉛筆の濃度でHBが首位で無くなったとやっていた。
 企業で鉛筆を使わなくなったので、メインは小学生となっているが、鉛筆を使い始める小学生のときは、まず柔らかい2Bを使い始めるから、堅いHBは避けられるし、HBの鉛筆に移行していく前にシャープペンシルに行ってしまう。

 シャープペンシルだと0.5㎜芯は線が細い分、HBの硬さは要らない。
 むしろはっきりとした線を軽い力で書くなら、Bか2Bの方が良い。
 特にクルトガを使い始めてからは、常に細い線になるので、HBは使わなくなった。
 その分減りは早いけれど、HBの倍も持ちが違う訳でない。

 筆記具として鉛筆が無くなる事はないし、シャープペンシルも使われ続けるだろうけど、HBが主流に戻る事は無い様に思える。

1470428511249.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 4日 (木)

リード90のブレーキを調整

 リード90のリアブレーキが甘くなってきてたので、ちょっと調整してロックがやや早めに来るようにセット。
 アジャスターにはまだ余裕があるので、ブレーキシュー交換はしばらく先でよさそう。

 効きを簡単に変えられるのはドラムブレーキならではの利点。
 原付クラスにつくディスクだと、こうはいかない。

1470308194411.jpg

 原付クラスのスクーターの場合、大抵は前は甘めで後ろはロックが早い設定になっている。
 経験値の低い乗り手が、ただでさえ加重が掛からずに軽いフロントで、フロントブレーキを効かせて握りコケされるのを防ぐ為だと思うが、慣れた人間だとリアにコントロールの余地が有った方が乗りやすい。
 フロントブレーキが甘いなら、甘いなりに使えば良いし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

MoterFan復活

 休刊後は別冊と称して「有料カタログ」のシリーズ名になってた「モーターファン」

 コンビニの雑誌売り場で、並べたばかりの創刊号を見つけたので購入。
 季刊かムックと思ったら、隔月刊だったので、第2号も引き続き購入。

1470178528396.jpg

 車雑誌を買ってた時はモーターマガジン派だったので、モーターファンはあまり読んでなかったが、作りは「確かにモーターファンだわ」と思わせる、伝統は踏み外して無かった。

 ただ、それだけに「総合自動車雑誌」ってジャンルの難しさに苦労してる感じを受ける。

 蘊蓄を騙るエンスウ系とか、ドレスアップ命!系とか、特定ジャンルに尖った方が客を想定出来る分作り方は楽に見える。

 今の時代、車の評価は燃費一択な中で、中道な雑誌作りがどこまで出来るか、見て行こうか。
 紙の質や製本も、価格を考えればかなり力が入っているし。
 問題はコンビニの雑誌ラックに置かれて、他のジャンルの雑誌の中で、どこまで存在感を発揮出来るかだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 2日 (火)

モスバーガーの「バーベキューモスバーガー」を食す

 活動範囲内にモスバーガーが少ない事もあって、なかなか食べる機会が無かったが、週末に湘南戦に行った帰りに平塚駅近くのモスバーガーが有ったので、バーベキューモスバーガーを食べてみた。


1470091572182.jpg

 通常のモスバーガーはトマトのミートソースの所を、特製のバーベキューソースになっているが、店内に蘊蓄を語るポスターを貼るだけあって、このソース旨い。
 モスの期間限定商品らしく凝ってて期待を裏切らない所は流石。

1470091574603.jpg

 ちょっと前にマックでやってたロコモコバーガーもバーベキューソースが使われていたが、
 味の濃さと言うかコクが違う。
 あっちはタマゴもサンドしてるから、ソースは軽めにしてるのだと思うが。

 流石に通常メニューにはならないと思うが、期間限定なら毎年出しても行けるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

PSG7 NDフィルターって?

 PSG7でAUTO以外のモードにすると、ちょっと暗いところで撮影しようとすると、画面が真っ暗になって手振れ警告マークが点滅して、まともに撮れないのが問題だった。

 他で気になるところがあったので、設定を見ていたら、「NDフィルター」なる項目がONになっている。
 何かをやったときに設定してしまった様なのだが、この「NDフィルター」って何物?とググってみた。

 結果は…PSG7は悪くなかった(笑)

 NDフィルターをONにすると、光量を1/3(3段分)に減少させる事が出来ると引っ張りだしたユーザーガイドに記載。

 それならちょっと暗くなったら駄目になって当然。
 AUTOはここも含めてカメラが制御するので、AUTOはまともに撮れるのは当然。

 土曜に平塚に行った時に試しにNDフィルターの機能を意識して撮ってみた。

Img_4776

 OFFの状態でシャッタースピードを1/10秒で池の噴水を撮ってみたのがこれ。
 真夏の太陽の下でシャッタースピードが遅いとここまで露出過多に。
 中央で光ってしまって、とても噴水の水流らしくない。

Img_4777

 NDフィルターをONにして、それ以外は同じ条件で撮ってみたのがこれ。
 光量が減少した事で、同じ露出でもここまでしっくり撮れた。
 これだと水流に見える。
 但し、シャッタースピードが遅いのでブレが出てくるのが、判りやすくなってしまった感じ。

 敢えてシャッタースピードを遅くしてとる機会は余りないので、普段は使う事は無いが、知ってて損はない設定だと思う。
 X7とBuy buleに関してはフィルターを買わなければならないので。
 どうせ買うなら青空がより青く見えるPDフィルターの方かな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月29日 (金)

最近見かけた珍車 ホンダ・ブロス

 バーガーショップの前に停められたのを発見。
 ⅠとⅡの見分け方は忘れた。

 狭角Vツインにレプリカの様な幅広フレーム片持ちスイングアームと、コストは目茶掛かってるのに売れなかった。
 コンセプトは悪くなかったし、当時のホンダらしい造りだったので、今なら売れたんじゃないかと。
 あの時はこの手の「大人仕様」なモデルは見向きもされなかった時代だったし。

 HY戦争の一番の問題は、将来に向かっての商品企画を浪費して枯渇させた事かもしれない。
 企画は良いのに詰めが甘くて、結局売れなかったモデルが一杯あったし。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月28日 (木)

最近見かけた珍車 ホンダ・CB50S

 信号待ちしている目の前を、軽やかな4ストの排気音をたてて通り過ぎて行った。
 乗り手は重やかだったが。

 普通に整備してれば、13,000は回ったし、距離は必要だがメーター読みで80㎞/hは超えた。

 2ストのMBに主力を譲ったCB50の最終モデルで、Fディスクが油圧になりスイッチ類はMBと共通化と、細かい変更は有ったものの、基本はJXと殆ど変わらず。
 せめてポイント点火がCDIになってればと思う。

 とは言え、7馬力を超えたゼロハンスポーツの中で、あのエンジンで7馬力まで絞り出すのは、ホンダとしても厳しかったはず。

 HY戦争でヤマハが4ストゼロハン出してたら、ホンダは躊躇わずにDOHC化してたかもしれない。

 長年使われた縦型エンジンも、最後の搭載車になったAPEが生産中止で使命を終えたようだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 7日 (木)

PowerShotG7 10年目

 PowerShotG7を購入して10年経っていた。
 今では後ろに’X’と付いた新製品が出ていて、ググると出てくるのはXの方ばかりになっている。

 購入時に参照していたサイトに久々にアクセスして記事の日付を見て気づいた次第。
 当時は発売直後に購入したので、手元に届くまで時間が掛かったし割引もそれ程よく無くワイコン・テレコン込みだと今のEOS Mより高くついた。

 コンデジカテゴリとは言え、本格的なマニュアル操作のできるデジカメは初めてだったので、このカメラで色々と教えて貰った。
 使いこなしたとは言ってない。

 PSG7で馴れてた事もあって、MやX6/X7を買ったときも殆どまごつかずに操作する事ができた。
 細かいところはかなり違うが、設定のプロトコルはほぼ一緒なので、マニュアルと突き合わせで迷いながらってところはあまりなかった。

 今のMやX7と比べると機能や性能はかなり落ちるし、実際の画質もちょっと甘いところは有るが、古いが故の緩さを感じるように。
 これはこれでありかと。

 さすがに10年経ってズームのレバーとかが怪しくなってきたけれど、今後ちょっとした時に持ち出してみようかと思う。

 ただ、古いが故の手強さもある。
 気を抜くとこんなのが撮れたりするのだから。

Img_4622


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

FRIXIONBALLの欠点を強引に解決

1466803970054.jpg

 前回にFRIXIONBALLの弱点について記事にしたが、あの後一気にラバーグリップが裂けて悲惨なことに。

 ラバーグリップ無しでの筆記は指が痛いので、新しいモノに買い替えようと文房具売り場に行ってウロウロしてた時に解決策と遭遇。

 子供が鉛筆で字を書き始める時に使うグリップを見つけたので付けてみた。
 150円程で4個入り。
 握り方矯正用も有ったが、今更正しい持ち方も無いもんだと、こちらは選ばず。

 早速装着。
 鉛筆より太いので、はめるのに手間が掛かったが、何とか押し込む。
 外す時は切り裂く事になりそう。

 使って見るとかなりいい感じ。
 指に吸い尽く感じで、しかもゴムの粘りと言うか反発力で、軽い力でペン先が動くから、かなり楽に書ける。

 余りにいい感じなので、クルトガにも付けてみた。
 こっちは握りが堅くて、ずっと書いてると指の当たる所が痛くなってくる弱点があったが、それが解消できて書くのが楽しくなる。
 ペン先が回るパフォーマンスが見れなくなったが、書いてる最中は関係ないし。

 但し、これ子供向けなので匂い付きなのが…。
 いろんな香りの中で、一番無難そうなソーダを選んだけど、匂いが薄くなるまでが修羅場かもしれない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

アルトターボRS

 ちょっと時間が経ったが、出張の帰りに最寄り駅まで送ってもらう事に。
 タクシーを使うしかない場所で流しがいるところでもないから、呼び出してから更に30分近く走るような場所なので、正直助かった。

 で、門のところで待っているとやって来たのが、アルトターボRS。
Styling1
<スズキのサイトから借用>

 スズキのターボエンジンのヤンチャさはカプチーノで知っているものの、流石に時代の流れから大人しくなってる事だろう…と思ったのは間違い。
 大人4人乗車でもターボのブーストが掛かるとガツン!と加速する。
 絶対的な加速はそれほどでも無いだろうが、加速感の演出は流石だと思う。

 実質的にノンクラッチMTなAGSだが、変速ショックはリアに座ってても判るくらいかなり大きい。
 オーナー曰く「変速時にスロットル操作するとショックは減る」らしいのだが、そのショックを減らすのにVWのDCTは苦労しているし、ポルシェは金掛けて対策している中、「ショックはあっても仕方ないっしょ。安いんだから。」
な、スズキの割り切りは流石は軽の王者。
 但し、スリープは無いので、普通のATとは感覚が違ってATしか乗らない人には乗りにくいらしい。

 エンジンや駆動系は良いとして、流石にフル乗車だと厳しかったのがサスとブレーキ。
 乗せてもらった道は割と新しい舗装が施されていたが、ちょっとした段差でガツン!と突き上げてくる。
 4人乗ってプリロードが掛かってストロークが減っているのがよく判る感じ。

 ブレーキもなまじ加速感が良い分、減速が甘い感じがしていた。
 もっとしっかり踏むと違うのかもしれないが。

 問題は4人も乗ったからってところだから、軽レベルでは問題ない。

 燃費は聞いたら、それなりらしい。 
 ま、ターボを楽しんで走ればそれなりだと想像はつく。

 二人乗車でそれほど長距離を乗らず、MT乗りの感覚があって、WORKSみたいな金のかかり方が無くてもいいって人にはお薦めかもしれない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«FRIXION BALLの欠点