« ブランド力 | トップページ | 続・ブランド力 »

2006年2月14日 (火)

誰が殺したクックロビン

 クックロビン音頭を踊りたい訳ではないが、3日目だと言うのにスノボもジャンプもスピードスケートもモーグルも全滅だと?
 勝負事なんて言うのは気力体力時の運だから負ける事もある。 罰ゲームを怖がらずにニューヨークを目指すのだ(・°)\バキッ
 始まる前はあれやこれやのヨイショして、メダルが何個だなんてやっていたテレビは「何故でしょう?」とか始める。 事前の調査が足らんから予想が外れるんだろとツッコミを入れる気も失せる今日この頃である。 ま、ありゃ予想と言うより妄想と選手への圧力に近いけれど、今回の件といいライブドアや楽天の買収騒動の時といい、テレビ局の情報収集・分析能力ってのはマスコミを名乗る資格があるのかと疑問に思うのであった。
 そのくせ、スケートの様に後から「実はどこを痛めていた」だの言うのは後出しジャンケンって言わないか。 一体何時その情報を得ていたんだい?と聞いてみたい。
 そして自分の言いたいことをポンポンと言ってた選手達を戦犯に仕立て上げてバッシングが始まるのだろう。 私は彼らのような自分に自信を持ったビッグマウス達は好きなので、結果がついてこなかったのは残念に思う。
 さて、今回の敗因を無責任に見ると若い競技は「大人」がいない事が大きいかと思う。一発の大技は決まれば形勢を決定付ける威力のある武器であるが、「伝家の宝刀は抜かないからこそ意味がある」として戦略を立ててやれる人間がいればもっと違った結果があったかもしれない。 それにワールドカップを転戦していると言っても、彼らはまだ若いしオリンピックは特別である。 昔は走れなくなったからと自殺した選手まで出るほどプレッシャーのかかる舞台である上に、メダルを要求して煽り立てるマスコミは昔の比ではない。 そんなプレッシャーをうまく和らげられる大人はいなかったのだろうか?
 アメリカの選手も似たような歳だって? だってヤンキーは派手な舞台で目立つのが大好きなアホだもん(*_*;\(^^;バキ! いや、賞金稼ぎのプロとしての場数と場のレベルが違うからだろう。別に日本だけがあちゃ〜と言う訳でなく、旧大陸の連中も揃ってあちゃ〜って感じだったのが救いでしょう。 救いがそこにあるかは知らないが。
 逆にジャンプやスケート大人な競技は「組織」としての対応はどうだったのだろう?
 ジャンプの原田選手のミスは、ルールに不慣れだった本人だけが悪いわけではないだろう。 チームの監督なりコーチなりのチェックがあれば未然に防げた筈なのだ。 本来は彼らが「チーム」として状況説明してしかるべきものなのだが、何故それが報道されないのだろうか? 選手団にくっついて行っているお偉いさんは観光旅行気分で行っている訳ではあるまい。 チームに余裕が無いなら選手団付のスポークスマンを同行させて競技後のブリーフィングをやるくらいやった方がいいんじゃないか。
 このままいくとホントにメダル無しで終わりそうだ。 彼らに資金援助している訳で無いので、文句を言える資格は無いのだが。
 さて誰が駒鳥を殺すのか?

|

« ブランド力 | トップページ | 続・ブランド力 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誰が殺したクックロビン:

« ブランド力 | トップページ | 続・ブランド力 »