« Excelに遊ばれる日々 再び | トップページ | 継続は便利なり? »

2006年3月 2日 (木)

お詫びの作法

 お詫びの作法は外しちゃいけない。 なぜなら謝る相手が激昂して更に話しをややこしくするからだ。
 今回の永田議員の「お詫び」はまさにやっちゃいけないお詫びで、これは危機管理失敗のいいケーススタディになるのではなかろうか?
 まず謝罪ってのは相手がいることに対してであって、観客やお仲間にするものじゃないのだが、永田議員の場合はどうも違ったらしい・・・と言うか、初めから謝る気は無かったんじゃなかろうか? しかもメールにまだ未練たっぷりな態度を見せてれば、自民は怒るわな。
 今回、きちんと謝罪できていれば幕は引けた筈なのだが、火に油を注ぐ結果に終わり逆に自民が振り上げた拳を降ろしようが無くなった訳で、自民もこまった状況と言う状況ではなかろうか。
 今回程度の騒ぎでさえもてあますような危機管理しか出来ないようでは、とても民主党に政権は託せないって事を暴露してしまったようだ。

|

« Excelに遊ばれる日々 再び | トップページ | 継続は便利なり? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お詫びの作法:

» 《ライブドアのプチ株主の一言 その180 番外編》 [★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★]
やっと 永田氏が謝罪 [続きを読む]

受信: 2006年3月 2日 (木) 22時44分

« Excelに遊ばれる日々 再び | トップページ | 継続は便利なり? »