« 4月からのテレビは | トップページ | 地雷のつきあい方 »

2006年4月23日 (日)

「アテンションプリーズ」を見た

 録画していたのを見たのだが・・・かなりキツいなぁと。
 上戸綾の出来は悪くない。 ただそれがうまくドラマにあっていないように見えるのである。
 今までの「スッチー物」の様になんでCAになりたいのかと言う明確な意志が見えていないので、ただのトラブルメーカーと巻き込まれる人々って感じでしかないのだ。
 だから何で入社できたのか判らない・・・整備だけじゃなく人事も問題があるのか?>JAL
 今後の展開でその意志がどう出てくるか。
 相武紗季の役回りって、去年のボート部モノと同じ落ちこぼれの主役引っかき回される、人のいい優等生に様に見えるけどこれも今後変わるのだろうか?
 今回はもう一人パパJAL役もいるから、少しは変わると良いのだが。
 取り敢えず、飛行機と怖い真矢さんで見ていきますか(笑)

|

« 4月からのテレビは | トップページ | 地雷のつきあい方 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アテンションプリーズ」を見た:

« 4月からのテレビは | トップページ | 地雷のつきあい方 »