« 夏用スニーカーを買う | トップページ | 三振の指示はフェアじゃない? »

2006年7月23日 (日)

Outlook Expressの引っ越し

 デスクトップの調子がいよいよ悪くなり、メールの受信もままならなくなってきた為、メール環境をLOOXに引っ越す事にした。
 何せ、起動するとすぐ再起動が掛かるので、Outlook Expressの起動・受信が出来ないのである。
 いくらメルマガの受信の割合90%以上で、急ぎのメールの大部分はWebメールで見ているとは言え、やはり困る。
 デスクトップの原因究明には時間が掛かりそうでそこまで待っていられないし、最近はLOOXで仕事をしなくなったこともあるので、引っ越しをすることにする。
 幸い? 今まで何度も痛い目を見ていた訳でなく、HDDのバックアップは外付けHDDにとってあったので、ファイルとしてはOutlook Expressの受信メールは全てある。
 Outlook ExpressのEXPORTでバックアップしたデータではないが、デスクトップとLOOXのバージョンの違いが問題でなければ、そのまま拡張子がdbxのファイルをコピーすれば良い筈。
 作業前にウィルスチェックを掛けて問題ないことを確認し、バックアップHDDからdbxファイルをLOOXのHDDにコピー。
 その後、Outlook Expressの「ツール」から「オプション」をクリックし、開いた窓から「メンテナンス」タブをクリック。
 そこにある「保存フォルダ」をクリックして表示されるフォルダを確認し、中のファイルを退避した後からコピーしてきたdbxファイルを上書きコピー。
 その後、Outlook Expressを再起動すると「ローカルフォルダ」の下にデスクトップで作っていたフォルダが並んでいるのを確認し、開いてみるとバックアップした時に受信していたメールが並んでいた。
 流石にMSらしい単純な作りである(^_^;)
 これがOfficeについてくる「Outlook」だと、こう簡単には行かないのだが。
 あとはメール振分けのルール作りをし直しとアドレスの再登録だが、これは必要に応じてやっていけば良いと後回し(笑)
 
 しかし、バックアップってのはとっておくものである(笑)

|

« 夏用スニーカーを買う | トップページ | 三振の指示はフェアじゃない? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Outlook Expressの引っ越し:

« 夏用スニーカーを買う | トップページ | 三振の指示はフェアじゃない? »