« 巨人戦延長無し\\(;^◇^;)// | トップページ | 夏用スニーカーを買う »

2006年7月20日 (木)

責任の取り方とは

 責任を取るとは難しいものだ。
 所属の芸人の起こした不祥事のせいで、人気チーム解散で責任を取るって言うのが正しいのかは判らない。
 この際、芸人にやったことは置いといて。
 大体、盛り場ふらふら歩いてて、芸人に引っかけられて未成年のくせに酒を飲んでデキあがり、やられましたってのに事件性をどう求めれば良いの?
 でもまぁ試合の為に行った先で勝手に飲みに行ってこんな言うことをやって、警察のご厄介になりましたって言うのは、責任者にとっては辛いやな。
 しかも他の選手も一緒に酒飲んでたとしたら。
 ただ、惜しいから止めないでというのはどうしたもんだろう。
 責任を取るなら尻拭いしてからにするのが筋というものでなかろうか。
 後始末を押しつけられる身にもなれと。
 たまたま「SEのフシギな職場」なる文庫本を読んでいたら、ほぼ同様な事が書かれていた。 
 やっぱりこう考える人がいたんだとちょっと嬉しかった(笑)
 
 ま、私が被る迷惑なんざ客観的にみれば大した問題ではない・・・主観的には大した問題なのだが、これがお偉いさんとなるとそうも行かないのである。
 昭和天皇が語ったとされる内容のメモが出てきたが、これってどうよ?と思わざるを得ない。
 何故って、まず直接昭和天皇の残された物でない事と、どういう流れでこの様な事を語ったのかが、今となっては天皇本人にも書いた本人にも確認できない事。
 それに始終一緒にいる侍従ならともかく、政府の都合でちょこちょこ首がすげ替えられる政治屋のたかが宮内庁長官程度に、あの聡明な昭和天皇が何の前フリも無しにこんな物騒な事を語るとは思えないのだ。

|

« 巨人戦延長無し\\(;^◇^;)// | トップページ | 夏用スニーカーを買う »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 責任の取り方とは:

« 巨人戦延長無し\\(;^◇^;)// | トップページ | 夏用スニーカーを買う »