« 無料通行は高くつくものだ | トップページ | 続・魔のカーブを攻略せよ »

2006年9月15日 (金)

「夜のピクニック」読了

 恩田陸の「夜のピクニック」が文庫になっていたので、思わず購入。
 多分ホラーでないから大丈夫と思いつつ。
 だってホラーって満員電車で読むものじゃないし(笑)
 たしかこの作品って2~3年前にハードカバーで出版された筈で、意外と文庫化が早かったなと言う印象。 映画公開に合わせて文庫出版したのだろうか?
 とは言え「神サイ」も結構早かったし、最近はそれほど時間を置かないのかな?
 初版からいきなり平積みでスペースを取るなんて、恩田作品初めてではないかと。
 早速通勤の友としたのだが・・・結構な厚みなので1週間は楽しめるかと思ったら、
 「あ!」と言う間に読了(笑)
 文庫にしては字が大きくないっすか?
 字が大きくて飛ばせるとは言え、内容が趣味に合わなければ読むのは苦痛である。
 最近読んだ中では「終戦のローレライ」がそう。
 恩田作品は「6番目の小夜子」を以前に読んでおり、その文体は知っているけれど、「夜のピクニック」の様にスピーディに読み切っていなかった。
 設定の時間が短いことと、登場人物が移動しながら物語を進めていく為ではなかろうか。
 どうと言うことのないイベントで、ここまで書き上げる所は流石だ。
 この年代ならあり得る揺れと言うのを表現するのが、本当にうまいと思う。
 スピード上げて読んだので読み漏れはあるかもしれないが、それはまた読むときのお楽しみと言うことにしよう(^_^;)

 読み終えた後、映画のサイトに行ってみたのだが、登場人物と役者がぴたりと嵌まっている様に思える。
 特にビッグネームは居ない様だが、この手の映画は役に合わせて役者を選んだ方が良いので気にならない。
 映画も見に行きたくなってきた(笑)

 と、ネタばれが無いように書いてみた。

|

« 無料通行は高くつくものだ | トップページ | 続・魔のカーブを攻略せよ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「夜のピクニック」読了:

« 無料通行は高くつくものだ | トップページ | 続・魔のカーブを攻略せよ »