« FOMA考 その3 | トップページ | 鈴鹿 07年F1開催断念 »

2006年9月24日 (日)

地裁は何故アホ判決を出すのか?

 ま、滅多な判決では驚かなくなったが、今回の「国旗国歌裁判」は流石にアホかと。
 馬鹿教師どもが馬鹿な訴えを起こした程度の話しなんだが、裁判官も馬鹿だったからって馬鹿の三乗な判決が出るってのはどうよと思う。
 学習指導要綱には国旗掲揚と国歌斉唱を指導する事が明記されているわけで、まずこの「指導」を教師がやらなくて誰がやるのさ?と思うのだが、裁判長は教師としての職務履行責任より私人としての思想良心を優先しろと言っている訳だ。「式典での国旗掲揚、国歌斉唱は有意義」で「生徒らに国旗・国歌に対する正しい認識を持たせ尊重する態度を育てる事は重要」と言いながら。
 なんでこんな相反する事を言うのであろう? 判決文全文を読んでいる訳ではないがこんな矛盾のある文章を書いておかしいと思わないのであろうか?
 要は式典で国旗掲揚と国歌斉唱は必要だけど、教師はそれを指導したくなければするなと言っている訳なのだ。 では教師の価値は何処にあるのか?
 それだけならまだしも「宗教的、政治的にみて中立的価値のものとは認められない。」とは裁判の趣旨とは違う話しだし、どこの国の話しだ?と聞いてみたい。
 サッカーのワールドカップでは試合前に国旗が掲揚され国歌が流されている。選手も観客も当然の様に国旗と国歌に敬意を表し、相手国にも変わりなく敬意を表している・・・どっかの大陸国家や半島国家の様な国際的恥知らずは別として・・・事から、日の丸・君が代は国内国外を問わず認知されているものと判断できるだろう。
 裁判官は世捨て人の生活していて、判決出す時以外は山に籠もっていると言うなら話は判らなくもないが。

 で、更に馬鹿なのは訴えを起こした教師である。
 自分の思想良心は大事なら、生徒の思想良心だって大事にしてあげるべきである。
 最終的に生徒がどうするかは生徒の問題であり、生徒に自分の思想良心の犠牲に強いるのは、教育委員会のやっている事とどう違うのか教えてほしいものである。
 ま、この手の教師が生徒の事なんざ考えていないのは明白だろうが。
 言えるのは、自国の国旗国歌に敬意を払う術を知らずに他国の国旗国歌に敬意が払える訳が無く、それが命の問題に関わる事にならないとは、この世間知らずの馬鹿教師ども以外は言えないのだ。
 最も、ワールドカップやオリンピックを見ている限りは、馬鹿教師どもの布教は成功していない様なので、まずは安心であるが。
 
 この裁判、都が抗告して高裁がひっくり返して、不当判決だと息巻く馬鹿教師側が最高裁に抗告して、最高裁で却下高裁判決決定を言う流れだと、後10年は掛かりそうである。
 都側はヘッドがあの方ですから引く訳がないのに、地裁判決を楯に懲戒撤回と抗告しないようにお願いに行くなんて馬鹿もいいところである。

|

« FOMA考 その3 | トップページ | 鈴鹿 07年F1開催断念 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地裁は何故アホ判決を出すのか?:

« FOMA考 その3 | トップページ | 鈴鹿 07年F1開催断念 »