« クーデター | トップページ | FOMA考 その3 »

2006年9月22日 (金)

『僕たちの戦争』を見る

 うまく高速の深夜割引に引っかかる様に家に帰ろうとタイミングを図りつつ、ライブで見た。
 内容は良くあるタイムスリップもので、「Wing Of God」とかと同じジャンルとなる。
 何でも、以前に放送した沖縄戦ネタや広島原爆ネタのドラマと合わせて3部作なのだそうだが、前二つよりは出来が良い。
 この手のドラマにありがちな「おふざけは許さない」と言う、視野狭窄的な所が少なく、バランスが取れた演出だった様に思える。
 森山未來が持ち味を出していたが、何といっても上野樹里が良かった。
 最初は現代森山と同類のアホ女かと思ったら、実は祖母と通じる一本芯の通った女性を好演。
 彼女以外であの役を演じられるのは、他にいないのではなかろうかと思う。
 玉やんは・・・ま、どうでもいいや(^_^;)
 細かいところを言えば、CGの手抜きはもう少しどうにかならんかったのかと思うが。
 
 ま、戦争物となると前二作の様なクソドラマを作らなければ気がすまいTBSにしては、いい方のドラマと思う。
 しかし、だ。「正しい戦争なんて無い」ってのは、余計だと思う。
 正しいかどうかなんて、後の時代の人間が言うセリフである。
 その時に生きている人間に取っては正しいと信じて戦っていた訳で、恐らく原作のテーマであったであろう「愛する者の為に戦う」と言うのを真っ向否定しているように見受けられる。
 ひょっとして、ドラマの監修にボケ筑紫でも入れたんだろうか?
 
 それが無ければ、いいドラマにカウントして上げたのに。

|

« クーデター | トップページ | FOMA考 その3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『僕たちの戦争』を見る:

« クーデター | トップページ | FOMA考 その3 »