« 松本零士 盗作を訴える!? | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」初回をやっと観た »

2006年10月23日 (月)

日本の核保有論議は

 北のおかげで?日本でも核の保有について話題となっている。
 安倍ちゃんは早々に核保有の可能性無しとしてしまったのを、バランスを取るような発言を中川政調会長と麻生外相がしているのだが、それに釣られる純な御方が多いようだ。
 
 彼らの発言は本当に日本に核が必要かを議論すると言うもので、色々と考えた結果核保有が得策でないとなれば、その結論を持って核保有はしないと宣言すればよいのだ。
 だが核アレルギーと言うか、その様な議論すら頭から否定する輩が多いのは困ったことである。
 明確な理由無く核保有しませんと言って、外国の誰が信用するのやら?
 今回は北の問題であるが、潜在的に核保有してもおかしくない国の筆頭は日本だと考える国は多かろう。
 プルサーマルで何十発も製造できるプルトニウムを保有し、静止衛星を打ち上がるだけのロケット技術も持ち合わせている。
 核爆弾なんて仕組みは単純だから、後は起爆装置の開発のみ。
 そんな国が単なる「唯一の被爆国だから」なんて理由だけで、核保有しないなんて誰が信じられる?
 その辺の納得のいかなさは北と五十歩百歩でなかろうか。
 
 ただ核保有はコスト的に割に合わない。
 開発コストだけなら後は起爆装置だけだが、保有したことによる政治的なリスクは北の様に制裁なんて所まで行かなくとも相当高いモノにつく。
 それに核兵器は使用しないことが前提の相互破壊保証の兵器である。
 日本は東京を焼き払われたら他に成り代わる首都機能は無いが、北は平壌を吹っ飛ばされた所で、どうせ他の都市の石器時代に毛の生えた状況が変わるわけでないし、中国にしたって北京が無くなっても、他に成り代わる都市はあるし新しい首都を作る土地には困らない。
 それではお互いに破壊し合った所で一方的に叩かれ損である。
 そこまでやってまで持つようなモンでは無いと思うが、それを議論して結論付けることは無意味ではないのだ。

|

« 松本零士 盗作を訴える!? | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」初回をやっと観た »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の核保有論議は:

« 松本零士 盗作を訴える!? | トップページ | ドラマ「のだめカンタービレ」初回をやっと観た »