« 星野ジャパン誕生・・・か? | トップページ | 「あるある」だけの問題か? »

2007年1月23日 (火)

「ナイト オブ ザ スカイ」を観た

 レンタル屋の会員更新時に貰った割引券の期間がそろそろ切れかけているので、久々にDVDをレンタル。
 航空アクション物と言うことで「ステルス」とどっちにしようかと思ったのだが、「ステルス」は現用機ではないのでパス。

 久方ぶりにこの手の映画を観たが、フランスものと言うのはわりと珍しい気がする。
 大抵はアメリカだもの。
 今回の作品の登場機はミラージュ2000。
 フランスがせっせと輸出したい製品なので、販促の足しにでもされたのだろう。
 フランス空軍がお手伝いしている(笑)
 まぁラファールを買える金持ち国は限られるんで、中進国以下に狙いをつけている2000をメインに据えつけたのだろうが、そう言うところはアメリカとごたついてなければF16を買っちゃう様である。
 で、この映画、フランス空軍の心意気をみせたれや!って所は買う。
 アルプス上空でのミラージュの機動は中々絵になる。
 やっぱりこう言う所では気分的にF16やF15は似合わない様に思える。
 そして音速突破の瞬間もしっかり見せてくれる所は見逃せない。
 
 が、結局はそこまでかと。
 映画の画面に納める為とは言え、ドッグファイトの距離が近すぎて、なんとも窮屈な絵になっているのが残念。
 あれでは歩兵の銃撃戦の距離である。
 もうちょっと見せ方は無かったのだろうか・・・
 そしてこの手の映画お約束、パイロットは酸素マスクをぶら下げて飛ぶ。
 アホ面を晒すだけの行為だから、しっかりとマスクを締め上げて撮れば宙返りやGの掛かったところの絵も締まるのにと思う。
 因みにストーリーは・・・よう判らん。
 話も登場人物も整理されてなくて、やることが一々唐突。
 素材はそれなりの鮮度なんだから、脚本をもっと練ればいい映画になっただろうに。
 このへん、「トップガン」の方がすっきりとしていたように思う。

|

« 星野ジャパン誕生・・・か? | トップページ | 「あるある」だけの問題か? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイト オブ ザ スカイ」を観た:

« 星野ジャパン誕生・・・か? | トップページ | 「あるある」だけの問題か? »