« 戸籍が無いのに旅券が作るのが人道的配慮? | トップページ | 中華街へ »

2007年1月 7日 (日)

オーリス試乗す その3

 前回からの続き
 
・動力性能
 後から知ったのだが、今回試乗したのは1500ccモデル。
 市街地で走らせた感じでは1500ccとは感じられない。
 CVTは初めて乗ったが、普通のATの様なスリップ感が無いのは好みに合う。
 ただ、この車はエンジン回転数を極力一定にしようとしている様に感じた。
 タコメーターを見た限りでは一旦回転数が落ち着いた後加速に移る時、スロットルを踏み込んだ際にエンジン回転が上がる感じが遅れ気味に感じるのだ。
 CVTがその回転数で増速させるギア比に移行してトルクがおっつかなくなってからエンジン回転を上げて補うといった動きをしている様に思われる。
 街中の様に比較的速度域が低く、速度の増減幅が少ない場合はこれで良いが、これがもっと速度域が高くなった場合はどうなのだろう?と疑問に思った。
 それと高速に乗った時の走りも気になる。
 比較的低回転に押さえようとしているのが本来の設定だとすると、高回転域までトルクが続かない可能性がある。
 車重が乾燥重量が1200キロ台、装備重量は恐らく1400キロ台になるであろう車だから、これを引っ張るにはトルクに余裕が無いと辛い。
 MTならブン回してでもと走り方で対応できるが、このCVTのSモードがどこまで引っ張れるのかによると思う。
 街中で買い物への足がメインなら1500で充分、と言うよりベストだろう。
 ただ、そんな使い方に使うには勿体ないと思うけど。

・操作系
 この辺はトヨタらしく、総じて軽いタッチである。
 我がアルテはスロットルが軽いのが長距離走行では辛いのだが、この辺は長時間乗らないと判らない。
 スイッチ類もトヨタ共通のプロトコルで、始めての操作でもまごつくことは無かった。
 オーディオ類のスイッチがステアリングに装着していたが、前を向いたまま操作できるのは中々よい。
 一旦セットしたら、そんなにちょこまか操作するスイッチではないけれど。

・総評
 カローラはちょっとなぁと言う感じであるが、オーリスは流石に欧州の激戦区に投入するだけあって、しっかりとした作りを感じる。
 これは私の使い方がどちらかというと高速を使う比率が高いからなのだが、動力的には1500より1800の方がオールマイティに使える様に思う。
 しかし、トヨタと言うメーカーは面白い。
 ごくごく日本的な車格と言うピラミッドに配置される様な車ばかり出しているかと思えば、この手のピラミッドに収まらない車を思い出した様に出してくる。
 決して売れる訳ではないし、コンセプトを同じくした後継車が続いて出る事も無いのだが。
 まだアルテは数年乗る予定・・・と言うか乗らなきゃならない経済事情もあるが・・・なので、次の愛車候補にはならないけれど、人に聞かれたら勧められる車だ。
 
 
 と言うことで終わり。

|

« 戸籍が無いのに旅券が作るのが人道的配慮? | トップページ | 中華街へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーリス試乗す その3:

« 戸籍が無いのに旅券が作るのが人道的配慮? | トップページ | 中華街へ »