« 「あるある」だけの問題か? | トップページ | 公園は誰のもの? »

2007年1月25日 (木)

「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を観た

 先日の「ナイト オブ ザ スカイ」と一緒に借りてきた。
 WOWWOWで放送したときに観ようと思っていたのだが、タイミングが会わず、このままみる機会が無くなることが予想されたもんで。
 それに「シャア」の評伝を読んだこともあって、彼の行動を改めて追ってみたいと言う興味が沸いたこともある。
 物語は地上での「アムロ・レイ」の合流から宇宙への帰還~アクシズの戦闘参加までのダイジェストとなっている。
 だから登場人物の多い話しにも係わらず唐突に登場して消えていくので、テレビシリーズを通しで見た記憶が無いと、これ誰だっけ?と追っかけるのが大変である。
 ただストーリー自体は、サブタイトル通り恋人たちの動きを主に据えているので、その点については問題なし。
 しかし、この作品って他のガンダムと比べても、登場人物は複雑と言うか神経質なゆがんだ性格が多い様に思う。
 だからこそストーリーが破滅型になっていくのだが。

 最終話も暇を見つけて借りてくることにしよう。

|

« 「あるある」だけの問題か? | トップページ | 公園は誰のもの? »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を観た:

« 「あるある」だけの問題か? | トップページ | 公園は誰のもの? »