« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を観た | トップページ | 「スーパーさぶっ!!劇場」 »

2007年1月26日 (金)

公園は誰のもの?

 昨年2月に大坂の公園で住民票登録ができると言う地裁判決に絡めて『こんな記事』を書いた事があったが、1年後高裁でひっくり返ることとなった。
 きっとプロ市民さんたちは「不当判決」とか言う垂れ幕を下げて、抗議活動にでも入っていることだろう。
 が、まぁ普通に考えれば高裁の判決は妥当な判決である。
 だって公園といえども自治体と言う所有者はいるわけで、その所有者の許可無く住民票が登録できるって事は、普通のアパートの一部屋を占拠してそこの住所で登録してもいいと言う事である。
 そんなんアリ?と思うのが普通だ。
 それにホームレスの人だって公園で住民票登録したくてする訳じゃない。
 まっとうな住居で登録したいはずである。 したい人は。
 世捨て人までは知らん(笑)
 今回の話をプロ市民がややこしくしているのは、公園に住み着くと言う状況を無視して住民票登録だけさせようと粘着している点である。
 住民票の登録ができなきゃ仕事が出来ないと言う点が、そもそもおかしいのだから、そういう点を何故攻めないのだろう。
 状況が変わるまで待てない、それより先に住民票がいるなら、プロ市民様の住居に同居させれば良いのだろうと思うのだが。
 

|

« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を観た | トップページ | 「スーパーさぶっ!!劇場」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公園は誰のもの?:

« 「機動戦士ZガンダムⅡ 恋人たち」を観た | トップページ | 「スーパーさぶっ!!劇場」 »