« イタリア旅行記その4 | トップページ | イタリア旅行記その5 »

2007年6月12日 (火)

インプレッサ モデルチェンジ

 くるまこのみさんの所を見てインプレッサがモデルチェンジしたのを知った。
 最近、この手の話題には疎いもので。
 本屋で雑誌も見たが、どうやら今回のモデルはボディをワゴンタイプ1本に絞ったようだ。
 ワゴンと言ってもインプの場合はハッチバックみたいのもので、ワゴンらしさを演出するのにルーフレールを付けてた様なものだが。
 ボディを一本に絞ったのは、スバル程度の規模でインプレッサ程度の数を出す事を考えればコスト面では妥当な判断だと思う。
 セダンの方を残さなかったのは、今までの販売実績でセダンが売れなかったって事だろう。 WRXを除いて。
 デザイン的にはそれほど悪く無かったのだけど、このクラスのセダンは軒並み討ち死にみたいなものだから・・・とか言って半年後か一年後にセダンが出てきたらどうしよう(笑)
 デザインは・・・スバルらしい無骨さが無いけど、かと言って華のあるスタイリッシュさにあふれていますとも言い難い。
 リアのオーバーハングがギリギリまで削られているが、フロントは殆ど変わっていない様なので、そこに違和感を感じる。
 無個性で街中に埋没したいって向きには良いかもしれないが。
 車内長や荷室スペースを確保するなら、リアもそれなりに延ばしておいた方がバランスが取れたかもしれない。 
 今回、ついに通常モデルも3ナンバー化した訳だがこの辺もどうかなぁと思う。
 このクラスの車はおしなべて巨大化の道を突き進んでいるから、インプだけが悪い訳ではないけど、他が大きくなるならウチはWRX以外は5ナンバー枠キープでってのは立派に売りになるだろうに。
 荷室は機内持ち込みキャリーケースが5個乗るとか言うが、あのサイズで5個ってのは確かに乗員分の荷物は積めますよって事だろうけど、実際にはちょっと少ないんじゃないかと。
 CGかNAVIで実際にスーツケースや各種バッグを積み込むテストをやっていた筈だが、アレをやられたら良い成績取れないだろう。
 2リッターのターボはあるがWRXでは無さそうなので、WRXは別に半年後位の新車効果が落ちた時に話題提供を促す時期に登場するのだろうけど、このポヨーンとしたベースモデルをどういじって凄味を出すのだろう。
 虚仮威しで無いことを願いたいが。
 つうか、今のモデル以上に巨大になったら、WRCで戦うのは辛いんじゃなかろうか。

|

« イタリア旅行記その4 | トップページ | イタリア旅行記その5 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インプレッサ モデルチェンジ:

« イタリア旅行記その4 | トップページ | イタリア旅行記その5 »