« イタリア旅行記その10 | トップページ | イタリア旅行その11 »

2007年6月25日 (月)

シェーバーを更新

 ある日突然、電気シェーバーが動かなくなった。 インジケーターを見るとバッテリー残の表示が全くない。
 まだフル充電して3日と経っていないのにと思って、充電器にセットすると一応充電は開始されインジケーターも充電中の表示がでる。
 そのまま満充電になるまで充電後、動かしてみると力強くモーターが作動するので、これでしばらく様子を見るかと置いておいたのだが・・・翌々日、バッテリー残の表示が消えていた。
 買って20年近く使用していたので、バッテリーがご臨終になったようだ。
 このモデルの場合、バッテリーがだめならコードを接続して使用すると言った使い方が出来ないので、バッテリーの死イコール使用不能を意味する。
 バッテリーだけ交換すればまだ使えるだろうが、肝心の刃も交換サイクルはとっくに過ぎているし替え刃は手に入らないとなると、新しいのを買った方がいいように思えたのでビックカメラまで見に行く事に。

 売り場に来てみると、結構な種類が並べられている。
 価格帯も5,000円程度から25,000円まで幅広い。
 最近のは自動洗浄機能がついたものもあるので、どれがいいか迷う。
 動くものについては実際に動かしてみて様子を見るが、いまいちピンと来ない。
 それでもナショナル製が音も比較的静かで振動も少なそうなので、近くの店員にモノがあるか聞いてみるが、在庫は無いと言う。
 このモデルだけでなくナショナルの何とかと言うシリーズは、全部人気があって品切れ中だと。
 本当に人気で売り切れなのかモノを作っていなくて在庫が無いのかは判らないが、これでは陳列している意味がないだろうに。
 普段ならそのまま引き上げるが、今回はそういう訳にも行かない。
 仕方なく隣に並んでいたブラウンを手に取る。
 振動と音は大きめなのだが、まぁ許容範囲か。 ナショナルくらい静かだと言うこと無いのだが。
 自動洗浄機能付にするか迷ったが、たまにお湯で洗ってやれば毎回洗浄液で洗浄殺菌する必要もないだろうと割り切る。
 15,000円位の価格差を納得できるほどの機能でもないし。

 家に持ち帰って使ってみる。
 稼働する3枚刃と言うのに慣れないせいか、ちゃんと髭の部分にあたずに剃り残しが出てしまう。
 力を入れて押しつけなくとも切れるはずだが。
 この辺はしばらく様子見か。

|

« イタリア旅行記その10 | トップページ | イタリア旅行その11 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ブラウンの髭剃りは、宣伝のように剃り残しが無いというよりは、硬い髭に負けないという方が商品価値かと。
うちの父は、かなりの剛毛で、私が子供の頃からフィリップスかブラウンでした。
国産だと歯がすぐ駄目になってしまうからだそうです。
かく言う私も、4年ほど前から使っています。

投稿: くるまこのみ | 2007年6月26日 (火) 07時55分

確かにしっかりした髭はサッと剃れるんですが、私の場合根性無しな髭が多いので、思ったほど深剃りが効かない様です。
説明書を読むと顔を洗う前に剃らないと、髭が水分で柔らかくなって剃りにくくなると書かれているので、柔らかい髭は苦手だとメーカーも認めているのでしょう。
しかし顔洗う前に剃ると、皮脂が溜まりやすくなりそうで、マメに掃除しないと辛そうです。 自動洗浄機能付にすれば良かったかな?

投稿: フックランナー | 2007年6月27日 (水) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シェーバーを更新:

« イタリア旅行記その10 | トップページ | イタリア旅行その11 »