« クラスター爆弾規制に乗る必要なし | トップページ | バイクの停め方 »

2007年6月 7日 (木)

イタリア旅行記その2

1日目 出国編その1

Kakou002  5時過ぎに目が覚める。 
 朝ゆっくり寝たいから前泊したのに、いつもの起床時間は中々抜けないらしい。
 カーテンを開けると前夜の雨が嘘の様に晴れており、窓の向こうには空港が見え・・・地表付近に霧が立ち込めていて管制塔くらいしか確認できない(笑)
 フォグはこう言うときに使うと有効だろう。
 それでも日が高くなるにつれて霧は無くなった。
 今日は長い一日になるので、まず次にいつ浴びられるか判らないシャワーを浴び、機内持ち込みの荷物を最終チェックしてから朝飯に。
 今回の宿泊プランの難点は朝食付でない事。
 まぁ朝飯くらいどうとでもと予約したときは思ったのだが・・・
 朝から開いているレストランは何処でも同じくバイキング形式。
 和食が口に入る最後の機会だと言うことで、皆ご飯に味噌汁を選択。
 これから行く先のホテルの朝飯の内容が判っているので、ついつい味わってしまう。
 隣では東南アジア系のお客さんもご飯を食べているが、日本の米が口に合っていれば良いが。
 何時もよりゆったりたっぷりと朝食を取った後、清算したら・・・一人2500円?
 宿泊費の半分も取られるんだったら、空港まで言って食ってもよかったとちょっと後悔。
 気分を取り直して部屋に戻り荷物を持ってロビーに引き換えす。
 キャッシャーで宿泊費の清算と、帰国時の車の引き取りをフロント係に確認しているうちにバスの時間となる。
 やはりシーズンを外しているせいか空港に向かう客は少なく、一人一列の贅沢な乗車でバス発車。
 第二ターミナルで他の客は全部降りてしまい、第一ターミナルに向かうのは我々のみ。
 貸し切りである(笑)
 発着所についてスーツケースを降ろしてもらい、近くのカートに積み込んでターミナルの中に。
 まずはユーロへの両替。
 前日のチェックだと三井住友がレートがいい様だったが、第一には東京三菱しかない。
 わざわざ第二ターミナルまで重いスーツケースを持って向かうのも嫌なので、東京三菱で両替するが、それほど悪い数字ではなかった。
 何はともあれこれで向うでちょっとした買い物が出来る(笑)
 両替してもまだ11時の集合時間には間があるので、集合場所のカウンターを確認しに行くと、ちょうどそこにいた係員が「添乗員はまだですけど荷物は預かります」とカートごと預かってくれる。
 身軽になったので、次の用事であるパスポート用写真の撮影に5階中央へ向う。
 向うでパスポートを無くしたときの再発行申請用写真を、誰も用意していなかったのである(笑)
 機械式だがいままで使ったことの無い機種なので、説明を聞きながら3人分を撮影したら結構な時間潰しとなってしまった。
 料金は700円だから、成田空港内と言うロケーションの割には良心的な値段である。
 集合時間のちょっと前にカウンターに向かい、受付と添乗員さんとの顔合せを済まし、カウンターで預かってもらったスーツケースを機内預けに回すと、また搭乗時刻まで時間が空いてしまう。
 どっかで暇つぶしをと思って見回すと、中二階のテラスの様な所にタリーズがあるのを発見。 中央棟のスタバは混んでいたので、こちらに向かい店の前に置かれたテーブルでしばしコーヒータイム。
 これからコーヒー漬けの生活になるのに、やっぱり外で飲むのはコーヒーとなるのであった(笑)

Kakou003

|

« クラスター爆弾規制に乗る必要なし | トップページ | バイクの停め方 »

旅行・地域」カテゴリの記事

旅行記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行記その2:

« クラスター爆弾規制に乗る必要なし | トップページ | バイクの停め方 »