« 暴走自転車で死亡事故か | トップページ | 織田信成の酒気帯び運転に絡むmixiの反応 »

2007年7月24日 (火)

自動車業界の底力とは

 くるまこのみさんのBlogで「過去の教訓」と言う記事があり、中越沖地震にあった自動車部品メーカー「リケン」の復旧に各自動車メーカーが応援要員を送り込んだと言う。
 私もコメントをつけたのだが、あまり色々書くのもどうかなと言うことで自分の所の記事にすることした。 どんなコメントかはあちらへ。

 今回の災害でも各メーカーから送られた要員のおかげで、早くも生産再開にこぎ着けられたそうだ。
 各メーカーのピストンリングやら何やらのシェアが非常に高いメーカーなので、一部品メーカーと言えども放っておく訳にはいかなかったので、動きは非常に早かったのだがアレだけの大人数を送り込んで誰が兵站を支えたのかちょっと興味が。

 リケンの役員曰く「自動車業界の底力が発揮された」との事だがこの「底力」というやつ、普段の失敗を挽回するときに発揮される性質のものである。
 そもそも準備が万端なら底力の出番は無いのだから。
 もしそんなに重要なメーカーの工場なら、何故一カ所に集中させて生産させていたのだろうか。 効率がリスク対策を上回ったのかと。
 仮に日本のようにあっちこっちで大地震の可能性のある国でカンバン方式をやることのリスクを阪神大震災や先の中越大地震で学んでなかったとしたら、案外自動車業界と言うところはぬるい業界なのかもしれない。

 しかし大口顧客達が750人も復旧支援要員を送り込まれたら、社員の自宅が被災してようが大事になっている親族の応援に行こうとしていようが、出社させて復旧作業に当たらせるしかないような気が。
 実際にそんな命令を出していなくとも、「そのくらい空気読めよ」って言われそうな感じだったかもしれんし。

 「工場がある程度復旧したので、応援要員はそのまま現地の災害復旧作業に従事させます」なんて事をトヨタあたりが言い出せば、それこそ自動車業界の底力ではないかと。

|

« 暴走自転車で死亡事故か | トップページ | 織田信成の酒気帯び運転に絡むmixiの反応 »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自動車業界の底力とは:

» 過去の教訓 [くるまこのみの雑記]
【新潟県中越沖地震・柏崎ルポ】自動車メーカーも応援要員を派遣 | Respons [続きを読む]

受信: 2007年7月24日 (火) 00時41分

« 暴走自転車で死亡事故か | トップページ | 織田信成の酒気帯び運転に絡むmixiの反応 »