« イタリア旅行その14 | トップページ | ボーイング787 »

2007年7月 9日 (月)

久間防衛相辞任に「天声人語」は

 問題発言とドツキ回されて久間防衛相が辞任した訳だが、あの「天声人語」がこんな事を・・・

 民主党・共産党・社民党は「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張している。しかしちょっと待って欲しい。「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張するには早計に過ぎないか。
 民主党・共産党・社民党の真摯な姿勢が、今ひとつ伝わってこない。
 例えば防衛相からは攻撃に都合のいい一言だけを取り出すなと主張するような声もある。
 このような声に民主党・共産党・社民党は謙虚に耳を傾けるべきではないか▲
 思い出してほしい、過去にも何度も民主党・共産党・社民党は防衛相の叫びを無視している。
 民主党・共産党・社民党は防衛相の攻撃に都合のいい一言だけを取り出すなという主張を間違いであるかのような発言をして、批判を浴びた。
 確かに防衛相には脇が甘いという問題もある。だが、心配のしすぎではないか▲
 民主党・共産党・社民党の主張は一見一理あるように聞こえる。
 しかし、だからといって本当に民主党・共産党・社民党は「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張できるのであろうか?
 それはいかがなものか。的はずれというほかない▲
 事の本質はそうではではない。その前にすべきことがあるのではないか。
 民主党・共産党・社民党は、未来を担う一員として責任があることを忘れてはならない。
 民主党・共産党・社民党の主張には危険なにおいがする。各方面の声に耳を傾けてほしい。▲
 民主党・共産党・社民党に疑問を抱くのは私達だけだろうか。
 「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張したことに対しては防衛相の反発が予想される。攻撃に都合のいい一言だけを取り出すなという主張を支持する声も聞かれなくもない▲
 民主党・共産党・社民党もそれは望んでいないはず。しかし民主党・共産党・社民党は閣僚を止めさせようとするだけである。
 「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張する事はあまりに乱暴だ。民主党・共産党・社民党は再考すべきだろう。
 繰り返すが民主党・共産党・社民党は閣僚を止めさせようとするだけである▲
 民主党・共産党・社民党の「しょうがない」発言は問題だから辞任しろと主張したことは波紋を広げそうだ。今こそ冷静な議論が求められる。

 なんて事を書くわけも無く(笑)
 天声人語メーカーなる天声人語を作成する所でチョコチョコと打ってみたら、まぁそれほど違和感の無い文が仕上がったわけで。
 ま、なんと言いますか、野党もマスコミも他にやる事ナインか?と。
 発言全文を読むと問題にするような事を言っているわけではないのだが、攻撃に都合のいい一言だけ抜き出して罷免だと騒ぐのもなんだかなと思うわけなのだが。

|

« イタリア旅行その14 | トップページ | ボーイング787 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛相辞任に「天声人語」は:

« イタリア旅行その14 | トップページ | ボーイング787 »