« F1新ルール? | トップページ | 落語を手話で通訳!? »

2007年11月 6日 (火)

スカイマーク機でワゴンが暴走

 スカイマーク機が着陸時にサービス用のワゴンが暴走してぶつかった乗客が怪我したと言う記事を読んだ。

 正直な所を言うと、「スカイマークでワゴンサービスなんてやってたんか?」と思った。 怪我した人には悪いけど。

 安売りを売りにする航空会社が客にただでサービスするんだろうかと。

 ひょっとして新幹線の様に「販売」なのだろうか?

 事故の原因としては、乗務員がギャレーの所定位置にセットしてロックしなかった可能性が高い。 ロックが壊れていた可能性もあるが、どちらにしてもヒューマンエラーの類である。 通常だとこの手のチェックはダブルチェックの対象になるだろうけど、果たしてスカイマークではどう言う手順でワゴンを格納することになっていたのか、気になる。 一応?乗務員はドアの数だけ乗せている筈だから、人手不足って事は無いと思うのだが。

 ひょっとしてコスト削減で訓練時間も大手より削減されているとかって言うなら、ちょっと削るところが違うんじゃないか?と思うのだけど。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« F1新ルール? | トップページ | 落語を手話で通訳!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スカイマーク機でワゴンが暴走:

« F1新ルール? | トップページ | 落語を手話で通訳!? »