« スカイマーク機でワゴンが暴走 | トップページ | F-15飛行停止だそうで »

2007年11月 7日 (水)

落語を手話で通訳!?

 夕刊を見ていたら、ワードランキングなる記事があり、そこに9位で「三笑亭夢之助」なる記事が上がっていたので、それとなく検索を掛けてみた。

 どうも講演会で事前に話しに無かった手話通訳者が前に立って通訳をしていたのが、どうにもうっとおしかったので文句を言ったら、後からクレームが来て謝罪したんだとか。

 この話題、一番悪いのは事前に話しを通して調整しなかった主催者なのだが、この主催者は落語を手話で訳して、その面白さがどこまで通じるのか?と言う疑問を持たなかったのかと。

 落語のしゃべりを手話で通訳されたのを見るのは、映画の音を消して字幕だけを見るより寂しいんじゃなかろうか。 落語の場合、その面白さは噺家の声色や音程の高低、テンポと言った話術が過半を占める。 果たして手話で同時通訳でその妙技を表せるのだろうか?

 記事の最後では、なんでも漫才師は後から手話通訳者にお礼を言ったそうだが、それと落語とどう関係があるのだろう? 漫才の話術は要は掛け合いのボケツッコミだから、その辺を表すのは落語ほど難易度は高く無いし、芸に集中できる出来ないの問題は人それぞれである。

 落語を手話で訳すより、手話で落語やった方がまだ笑えたんじゃないか?と思うのは私だけだろうか。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« スカイマーク機でワゴンが暴走 | トップページ | F-15飛行停止だそうで »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 落語を手話で通訳!?:

« スカイマーク機でワゴンが暴走 | トップページ | F-15飛行停止だそうで »