« ミルクシーフードヌードルを食べてみる | トップページ | 今年のパネトーネは・・・ »

2007年12月26日 (水)

外環道のバス転落事故に思う

 24日に外環道で発生した事故だが、ちょうど通行止めとなっている時間帯に東北道から首都高に入ろうしていたので、その時点では事故って何があったのだろう?と思っていたのだが、翌朝のニュースで状況を確認。

 正直なところ、一番可哀相なのは隣車線を走っていたトラックだと思う。
 新聞の図解を見ると、バスの左側の車線を約22m後ろを80km/hで走行していて事故にあったようだが、隣車線の22m先を走るバスの左サイドから物体が転がり出てきたとして、この速度でこの距離では落ちてきたのが何だったか即時に判断はできまい。 基本的に高速道路と言うのは生身の人間がいない事が当たり前の道なのだから。 80km/hだと22mなんてほんの1秒で到達する。 ブレーキ踏んでもとても止まれる距離ではないし、ハンドル操作で逃げるにしてもトラックでは間に合わない上に横転の危険もある。
 この状況ではとにかく自車の損害は度外視で直進で突っ込むのが、もっともリスクが少ない対応で、この運転手も同じ事をやって他の車を巻き込まず被害を最小限に留めている。 問題は転がり出た物体が人間だったと言うだけだが。
 にも拘らず、自動車運転過失致死なんて罪状で逮捕されると言うのはどう言う事なのだろうか?

 不当逮捕では無いのか?


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« ミルクシーフードヌードルを食べてみる | トップページ | 今年のパネトーネは・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

ていうか落ちてきたモノが人間じゃなかったら(丸太とか)被害者だよね。
人間でも…以下自粛
運が悪い運ちゃん…(-人-)

投稿: あかる | 2007年12月28日 (金) 02時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/17488585

この記事へのトラックバック一覧です: 外環道のバス転落事故に思う:

« ミルクシーフードヌードルを食べてみる | トップページ | 今年のパネトーネは・・・ »