« 横浜市営地下鉄に見るアホらしさ | トップページ | 元イラク大使館から出てきたものは »

2008年2月 6日 (水)

ミリメシがブーム?

 少々旧聞になるが、yahooのニュースでミリメシが流行っているとあった。
 なんでも防衛庁御用達メーカーに民生品を生産させて、クレーンゲームの景品にしたりしているらしい。

 ミリメシと言う言葉は最近聞く様になったが、本来は戦闘糧食、野戦食の類のものである。
 兵士が戦闘活動を行うに当たって、必要な栄養素やカロリーを詰め込んだ保存食な訳だが、 お国柄が良く出ていることが知的興味を惹くらしい。 確かに欧州のレーションは缶入りって事を差し引いても美味そうな見た目で、如何にも食を大事にする国らしい彩り。
 ちゃんとお皿に盛りつけたらさぞかし美味いだろうと写真を見ていると思う。

 日本も負けてはいない。
 何時だったかカンボジアでPKOに派遣された国でレーションのコンテストやって2位だか3位に入ったそうだから。 
 特徴としてはやはりお米の国の軍隊らしく、缶入りのご飯が充実している所か。

 逆にと言うかやっぱりと言うか不人気なのは米軍のMRE。 見た目が繁華街の道路沿いに夜中に見かけるアレっぽいし、味覚も日本人には信じがたいメニューもあると言う。
 当のアメリカ人でさえ、味に期待はしていないらしい。
 それしかなければそれを喰うしかないのだが、勤労意欲ってもんが湧かないと結構アブないんじゃなかろうか。

 当然、長期保存が前提で劣悪な環境でも使用する事を想定している食品なので、保存料やらの使用量は敢えて聞きたくない気がする。
 規則として連続して食するのは避ける様にって、定めている国もあるって所からして。
 どう考えたって、保存料着色料無添加なロハスな食い物をは思えん訳だし。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 横浜市営地下鉄に見るアホらしさ | トップページ | 元イラク大使館から出てきたものは »

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミリメシがブーム?:

« 横浜市営地下鉄に見るアホらしさ | トップページ | 元イラク大使館から出てきたものは »