« メールが送信不可(-_-;) その2 | トップページ | 現在湯たんぽ使用中 »

2008年3月 1日 (土)

自転車3人乗りを擁護できるわけない

 東京の自転車マナーも酷いものだが、大阪はその上を行っているのには驚いている。 狭い歩道でも速度を落とさずに走っているわ、歩道で並行してこっちに突っ込んでくるわ、人がいるって言うのに自転車同士のすれ違いをギリギリの所でやっているわと、歩行者の存在を忘れているんじゃないかと言うのが多すぎ。 雨の日に傘差して乗っている割合も東京より多い。 傘をくっつける器具の装着率も高いし。

 警察庁で自転車の3人乗り禁止を明文化するにあたって、当事者になる母親は反発しているそうだ。
 3人乗り自転車が同じ様に突っ走ってたら、大惨事だろうなぁと思う。
 反対の声をあげている連中の理由を見ていると、自分らの利便性を奪うとどうなるか判るよね?って言うものしかなく、3人も乗った自転車で安全に走れるかなんて事は全く眼中に無いのではなかろうか?
 2~3歳の子供は歩かせるより自転車に載せた方が安全って、その自転車で加害者に回った時の事を考えてない証拠ではないかと。
 大体、一人乗りと比べて重くなるからブレーキは効かない、重心が高くなるからトロトロ走るとふらつくからスピードは出す、とっさにハンドル切って回避も難しいなん状況で、そんなのに突っ込まれた方はいい迷惑。
 下手すりゃ事故原因を歩行者側に振られて子供の治療費をたかられかねない。

 どうしても3人で走りたいと言うのなら、せめて歩道は走らせない。 車道で事故にあっても責任はすべて3人乗り自転車側にあるとしてほしいものである。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« メールが送信不可(-_-;) その2 | トップページ | 現在湯たんぽ使用中 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車3人乗りを擁護できるわけない:

« メールが送信不可(-_-;) その2 | トップページ | 現在湯たんぽ使用中 »