« 蛍光塗料の耐用年数は? | トップページ | モナコGP放送を見逃す »

2008年5月27日 (火)

日本語変換がおかしい

 最近、日本語変換がちょっとおかしい。

 妙なところで文節をぶった切って変な漢字を変換してくる。

 別に悪いことをした覚えはないのだが、Japanist2003も4年もたつと、おかしな動きをしても仕方ないのだろうか?

 それともEM・ONEでATOKに慣れてきて、無意識にJapanistにとってはへんな操作しているんだろうか?

 取り敢えず、OAK系の伝統に従って単文節でブチブチ切っての変換に集中して様子を見るか。

 Japanistはもう後継を出す気はないんだろうな>F通
 Oasysも放置プレイだし。

 WordとIMEだけになったらこの世は暗くなるだけなので、ジャストシステムには踏ん張ってほしいと思うのでありました。
 次のPC買ったときはATOK買うから。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 蛍光塗料の耐用年数は? | トップページ | モナコGP放送を見逃す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本語変換がおかしい:

« 蛍光塗料の耐用年数は? | トップページ | モナコGP放送を見逃す »