« トヨタでパワーポイント自粛令? | トップページ | 蛍光塗料の耐用年数は? »

2008年5月25日 (日)

Wordで上書きモードにする方法

 「ちょっといいか?」と声をかけられる。
 なんだろうと思って近くに行くと、おもむろにこう聞かれた。
 「よくWord使っているけど、得意?」
 得意かと言われれば、苦手と答えたい(笑)
 せいぜい文章の羅列レベルしか使えず、お絵描きなんて夢の向うである。

 が、そんなことはおくびにも出さず「まぁそこそこは・・・」とお茶濁し回答で何の用か尋ねると、ディスプレイを指さされて一言。
 「挿入モードを上書きモードにするにはどうすれば良い?」
 そんなのInsertキーを押せばいいじゃんかと思ったのだが、続けて「Insertキーを押しても変わらんのだ」

 はぁ~それなんかの間違いじゃないの?と思いつつ詳細を聞くと、何かの書類を出すのに字数制限があって、その字数が判りやすい様に予めマスで埋められていたのだが、挿入モードで書いていくとそのマスは後続に逃げてしまうので困っていると言うことらしい。

 普通に考えればと言うか、常識的にInsertキーでモードの切り替わりが出来るのが真っ当なソフトでのお約束だが、真っ当でないソフトの筆頭に近いWordの場合はInsertキーの存在を無視するらしい。
 ぜったいこれってバグじゃないのか?と思うのだが、MSの見解は多分違うんだと思う(苦笑)

 どうすればいいんだろう?と自席に戻ってWordをあれこれいじってみるのだが、全くダメ。
 Word以外でExcelも試すがこちらはOK。
 となるとOffice共通の作法と言う訳でも無い。 入力言語がIMEでないからか?とも思ったのだが、質問者はIMEなので言語関係に起因する訳ではない様だ。

 取り敢えず、「Word 上書き」でぐぐってみた。
 そこでいろいろなサイトをアクセスしてみたら、どうもバグと言うかWord2003の固有の問題らしい。
 これって意図通りに動かないならバグじゃないか?と思うのだが、MSは認めたくはないらしい。

 検索したサイトを見て、解決方法らしきものを見つけたので試してみる。
 それは「テキストサービスと入力言語」の項目で、「詳細なテキストサービス」がオンになっていると、Wordは上書きモードが働かないのである。

 それって、Wordの中の話しと違うじゃないかと怒っても直る訳では無いので、「詳細なテキストサービス」の所にレ点を入れてオフ設定にして適用させ、Wordを起動してInsertキーを押すと、無事に上書きモードが有効になった。
 この「詳細なテキストサービス」がオフになると、タスクバーの所の入力言語のボタンが消えてしまう。
 そうすると、私の様にIME以外を使っている場合はUpdateが掛かる度に「既定の言語」がIMEに変更されてしまう。
 それを修正する為にはこのボタンが無いと面倒だから、設定は元に戻したが、IMEを使っている人ならオフで問題無いと思う。

 しかしキー押下一つで済むWordの設定変えるのに、Windowsの設定変えなきゃならないって、すっごく変な「仕様」だと思うのだけど(苦笑) 


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« トヨタでパワーポイント自粛令? | トップページ | 蛍光塗料の耐用年数は? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Wordで上書きモードにする方法:

« トヨタでパワーポイント自粛令? | トップページ | 蛍光塗料の耐用年数は? »