« 求む鉄板皿 | トップページ | ひしゃげたフェラーリ »

2008年5月12日 (月)

EM・ONE 導入 4

 EM・ONEを使っていて、不便な点。

 まず、バッテリーがあまり持たない。 通信している訳ではないから、もうちょっともって欲しいと思う事が多い。 バッテリーのインジケーターの精度がいまいちで、2つ目のバーになったら、すぐに最後のバーまで行ってしまう要に感じる。 だから「まだ2つ目になったばかりだから」と思っていると肝心なときに使えなかったりする。 

 第二に切り替えキーの使いにくさ。 ひらがなから半角英文字に切り替えるのに、4回も変換キーを押さなくてはならない。 ATOKのキー変更が出来るフリーウェアが有るそうだが、そこのサイトが消失しており、手に入らないのが残念。

 キー配置の関係で切り替えキーが一個しかない為だと思うが、ショートカットキーでいいから直接変更が出来るようにして欲しいものである。 

 ATOK自体はは、これまで使う機会があまりなかった事もあって、ちょっと戸惑うこともあったが慣れるとこれもなかなかいい日本語システムだと思う。Japanistが2003以降バージョンアップが無くて実質的に放置プレイ状態であるので、次のパソコンを買ったら日本語システムはATOKにするかと思う。 IMEは嫌いなので。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 求む鉄板皿 | トップページ | ひしゃげたフェラーリ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

PDA」カテゴリの記事

コメント

本格的な出張が増えているようだし、もしかしたら。
そう思ってはいましたが、自爆していたんですね。
Webブラウザの表示速度の遅さを嫌ってノート+ E_MOBILE USBタイプの方が可能性が高いと思っていました。

EM・ONE、PDAにしては不満点が少ないく、よくできていると思うんですけど、電池持ちが平凡なことと Webブラウザ表示速度の遅さ、この2点は要改良ですかねぇ。

投稿: よこい | 2008年5月16日 (金) 00時04分

最初はLOOXに使う通信カードを買おうと思ったのですが、部屋にネットが繋がれば途端に出番が激減するのが目に見えていたので、EM・ONEにしてしまいました(笑)
最近はPCを持ち歩かないので、日帰り出張の時の行き帰りののぞみや、時間調整に入った店でネタ書きするのに重宝してます。
もっとも、週末に自宅に帰るときはLOOXを持って帰っているので、行き帰りののぞみで出番が無いんですけど、等々力で試合開始前に他会場の結果を検索したりするのに持って行ってます。

出始めの「電子手帳」を有効利用するのに四苦八苦した経験があるので、EM・ONEはモデムとして使えればいいと割り切って買いましたが、お値段以上の価値があったようです。αが出た後の在庫処分の時にぶち当たったのも幸運でしたし。

よこいさんの所で、最近記事になってませんが、何か新しいネタは有ります?

投稿: フックナンナー | 2008年5月17日 (土) 10時58分

だいぶ安く買えたようですね。いいな〜。

自分は使い方が限定されて安定してきちゃっていて、新たなネタを仕入れていません。
PCのようにあれこれ試して遊ぶにはパフォーマンスも電池も足らない印象で。(^^;)
あれこれ試して遊ぶなら、やっぱり Centrino Atomプラットフォーム機待ちかなぁ。

>最近はPCを持ち歩かないので、日帰り出張の時の行き帰りののぞみや、時間調整に入った店で
>ネタ書きするのに重宝してます。

よくわかります。
PCが鞄の中に入っていても、すっと取り出してスイッチぽんで使えて、スイッチぽんで終了させられる EM_ONEを使う頻度が高くなると思います。
そこはやっぱり圧倒的に便利かと。通勤電車の 22分くらいだと、座れても EM_ONEです。
PCはメインメモリがフラッシュメモリ化しないと追いつけないところかな。

BlueToothを介してモデムとして使うのは便利だと思いましたが、
EM_ONEをリセットするたびに PCとのペアリング作業をしなきゃならないので利用頻度が落ちています。
Let'snoteの電池がタフだから、
給電端子付きの USBケーブルを用いて給電しながらモデムとして使う方が安心して使えると思いました。

投稿: ぽてち | 2008年5月17日 (土) 15時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/41139260

この記事へのトラックバック一覧です: EM・ONE 導入 4:

« 求む鉄板皿 | トップページ | ひしゃげたフェラーリ »