« タイムリミットは3分 | トップページ | 電気コンロクッキング »

2008年6月28日 (土)

中華街へ

 今日は東京で午前中お仕事。
 で、まぁ午後は何も無いので半休にして自宅に戻る。
 髪も伸びているから切りたいし、何より最近アルテに乗っていないので、無性に乗りたくなったのである。

 が、ただ無目的に走るのも高いガソリン代を考えると辛い。
 ふと思いついたのが中華料理喰ってないなぁと言うことで、とくに大新園のワンタンはずっとご無沙汰状態である。
 んじゃ、夕食は久々に中華だと言うことで出掛ける事にする。

 こう言うのを一石二鳥と言うのであろうか。

 約一カ月ぶりにアルテを駐車場から出してセルを回すと、何とも頼りない回り方でいやな予感がよぎった所で始動してくれた。
 アルテの3Sのエンジンの掛かりの悪さは、こんな時には特に強調されているような。
 まぁ一回掛かってしまえば、後は快調なんだけど。

 エンジンにオイルが充分に回るまでの間、ナビを操作して中華街にセットしようとリモコンを操作しても、反応が無い。 ついにこっちの電池も切れたかと電池の蓋を開いたら電池の電極が粉吹いてた(ーー;)
 取り敢えず電極をぬぐってコンソールボックスに入れておいた予備電池に入れ換えたが反応無し。
 いやな予感がしたが、近くのコンビニで電池を買って入れたらあっさりOK。
 予備も放電しきっていたようで。 単4じゃ仕方ないか。

 ちょっとしたハプニングを経験しつつ、中華街へ。 
 第三京浜も久々に走ったが、相変わらずいい道である。 安いし。
 首都高神奈川線も時間帯を考えるとかなり空いていた。
 やはりガソリン価格高騰のあおりだろうか?

 予想より順調に走って、中華街パーキングへアルテを入れる。
 いつもならかなり高い階まで上がるのだが、今回は2階で空きを見つけられた。 平日の夜はかなり空いているようだ。

 駐車場から真っ直ぐ目的の大新園に向かう。
 この店は昔OFF会に参加したときに教えてもらったのだが、ワンタンの味が何とも言えず、たまに通っていたのである。
 茹で・揚げ・焼きと3種類のワンタンなのだが、中の餡を微妙に変えているので、飽きないのだ。
 今回も期待を抱いて行ったのだが……
 店は満員御礼状態。 休日ならまだしも?と途方に暮れている隙を突かれて後から来たカップルが先に店に入ってしまった(ーー;)
 狭い店なので待ち席は二つしかなく、相方と二人入り口で待つこと10分。
 先のカップルが席に通されて空いた待ち席に座ったら、お店の人曰く「相席ならすぐ用意できますよ」との事。
 そのまま待っていても時間の浪費なので、OKして通されたのはさっきのカップルの席だった(笑)

 早速、ワンタン三種と豚バラの煮込みに花巻を注文。
 もうここで頼むものは決まっているから早いったら(笑)

 注文が早ければ出てくるのも早い(笑)
 まず揚げがでて、次が茹で、最後に焼きと、火の通りのいい順番ででてきております。
 一個が大きくないので、二人で食べるとあ!っと言う間に皿が空くのだが、それとタイミングを合わせて出てくるので、待ちが無いのは嬉しい。
 最後に豚バラ煮込みが出てくる。
 それを花巻に挟んで頂くと、花巻の甘さとタレの甘さがあっていい感じ。

 結局、その後焼きをもう一皿追加して締める。
 店の滞在時間は40分強位じゃなかろうか。

 帰りは下道でちょこまかと走って、運転欲を発散して帰着。

 次は何時乗れることやら?

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« タイムリミットは3分 | トップページ | 電気コンロクッキング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/41667891

この記事へのトラックバック一覧です: 中華街へ:

« タイムリミットは3分 | トップページ | 電気コンロクッキング »