« 梅田まで歩いてみた | トップページ | かなりヤバくないか?橋下知事 »

2008年6月15日 (日)

ISP受難の時代?

 先日、mixiを使った覚醒剤売買事件があった。

 その事件自体は良く知らないのでスルーするが、良く見に行くブログでブログ主が「mixiがそれなりの人件費を掛ければ監視できた」みたいな事を書いていた。

 今回の様な犯罪に絡む使われ方をした場合、mixiだけでなくプロバイダがどう対応できるのだろう?と思うのである。

 ひろゆきみたいな奴が管理している2ちゃんはともかく、まっとうなISP業者はそれなりの責任を追って運用管理している訳だし。

 隠語で検索してって技術面は置いておくとしても、掲示板なりのやりとりを追いかけて犯罪に結びつくか監視する義務を、一私企業にすぎないプロバイダに負わせるべき物か?と。

 そのコストは回り回って善良な利用者が被ることになる訳で。

 書き込みの内容が犯罪臭がするからと削除通報って、検閲とどう違うのか?と言うのと、中国みたいな国でさえインターネットの情報管理に苦労しているのに、より自由を保証されている日本でそれが可能なのか?と思うのだが。


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

|

« 梅田まで歩いてみた | トップページ | かなりヤバくないか?橋下知事 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ISP受難の時代?:

« 梅田まで歩いてみた | トップページ | かなりヤバくないか?橋下知事 »