« EM・ONE 導入 10 | トップページ | 『愛国者大会』終わる »

2008年8月24日 (日)

ソフトの金・野球の無冠

 最初に情報見たときは準決勝で負けたってなってたので、てっきり3位決定戦に回ったものと思っていたら、違ったようで。
 3位決定戦じゃなくて決勝進出決定戦だったらしいのだが、この方式って勝ち上がり組にすっごく不利に思えるのだがどうなのだろう?
 いくらぬるい野球系ゲームとは言え、本気でやり合うトーナメントやった後にもう一回勝ち上がりを掛けて本気でやりあうってのは、体力気力時の運を使い果たしているだろうに。 そんなんで決勝に上がるのは「罰ゲームは怖くないかぁ!」ってかけ声が欲しくなるわな。
 案の定、エースの特攻回転を強いたわけだが、他に計算出来る投手を入れておかないと、文字通りエースと心中となる。
 そんな修羅場をしり目に一位通過は決勝のみ見てればいいのだから気がいくらか楽な筈である。
 ただ、アメリカから見れば、何度日本を叩けば終わるんだとうんざりしてたことだろう。

 そして野球はメダルは取れず。
 「金メダル以外いらん」とナメて掛かるとたいていの場合は失敗するものだが、今回もその轍を踏んだようで。

 ソフトみたいな妙な大会ルールだったら、準決勝で負けてもまだ希望を持てたかもしれない。 あんな特攻をプロが出来るかは別として。
 まぁイチローとか松坂とかのメジャーで活躍する一流がいない中で、金メダルを期待されるのは元々厳しい注文だったと思うが。
 日本の野球ができなかったらしいが、ある意味当然だろう。
 国際大会でやるのはベースボールであって野球ではないんだから。

 今回のチームでどれだけの国際大会の経験があったのか?と思うと、ちょっと心もとなかったんではなかろうか。
 柔道の様に国際大会に出まくっていても自分らの流儀を押し通すってのも有りとは思うが、野球がそれで勝てるとは限らないって判っただけでも収穫かも?

 もっとももうオリンピックでそれを活かす事はもうないけれど。

|

« EM・ONE 導入 10 | トップページ | 『愛国者大会』終わる »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトの金・野球の無冠:

« EM・ONE 導入 10 | トップページ | 『愛国者大会』終わる »