« 伊丹ー成田線を廃止っすか?橋下知事 | トップページ | 筑紫逝く »

2008年11月 7日 (金)

ミサイルはどこに?

 韓国空軍のF-5Eが空中衝突して一機が墜落。 両方の機体に装備していたミサイルが落ちてしまったと言う。
 F-5Eと言えば、前作のF5-Aの後継でベトナム戦争のあたりに出てきた機体だから30年は経っている機体で、アメリカがジェット機位は扱える国に供与する事を目的にしており、単純な構造と割と頑丈で整備しやすい機体として重宝されている。
 ただ航続距離は短く…なまじ長くすると遠くの国まで攻撃に行っちゃうからだろう…、搭載兵器はソコソコ…あんまり爆弾詰めるのは不味いでしょう…、ミサイルは短距離の赤外線誘導のみ…アメリカがやり合う破目になった時にスパロー撃たれたら困るわな…と、問題はあるのだが、誰もがF-4を買える訳もないし、敵はせいぜいミグ21だからこれで困ることもない。
 問題はこの機体の後継機がF-16になってしまってコストが跳ね上がる事だろうか。
 韓国はこれをまだ100機以上持っているらしい。
 主敵の北もいまだにミグ21やら19やらを持っているらしいから、敵には困らないだろうが、流石に老朽化で毎年事故を起こしているらしい。
 今回はどちらかというとパイロットのミスっぽい気がするが。

 しかし、訓練内容が近接支援だったとかと言うが、なんで実弾のミサイルを装備して訓練に出ていたのか? 単に訓練弾が無かったのか即応態勢の為に常に武装して飛ばしているのかよく判らんが、それならそれでもうちょっとなんとかならんのかと。

 いくらF-5Eが後進国向けの機体で単純で頑丈とは言え、もう全機退役してもおかしくない機体なんだし。
 日本のF-4の様に延命の為の改造やら管理やらをやってないんだろうし。

|

« 伊丹ー成田線を廃止っすか?橋下知事 | トップページ | 筑紫逝く »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミサイルはどこに?:

« 伊丹ー成田線を廃止っすか?橋下知事 | トップページ | 筑紫逝く »