« 形状記憶ワイシャツ | トップページ |  派遣打ち切り問題 »

2008年12月12日 (金)

不発弾処理あと80年…

 第二次大戦中に日本唯一の地上戦を展開した沖縄で、自衛隊が処理した不発弾が3万件で130万発を超えたという。

 砲弾や爆弾や地雷の他に小銃弾なんかもカウントされている様だが、それにしてもあんな小さい島にどれだけ爆弾がばら蒔かれた事か。
 これだけ始末してもまだ推定で2500万トン…2500トンの間違い。いくらなんでも「万」もばら蒔いたら島が無くなってるわな(苦笑)…が残っていると言うから、それこそちょっとその辺掘れば不発弾が出て来るって事だろう。

 第二次大戦中の今となっては人道的な爆弾でさえ一杯ばら蒔けばこの始末なのであるから、クラスターを廃止させても「質より量」とばら蒔けば結局は同じことって事なんだろうなと思うのだが。

|

« 形状記憶ワイシャツ | トップページ |  派遣打ち切り問題 »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/43393225

この記事へのトラックバック一覧です: 不発弾処理あと80年…:

« 形状記憶ワイシャツ | トップページ |  派遣打ち切り問題 »