« 出張グッズ | トップページ | 豚インフルエンザ危機 »

2009年4月27日 (月)

LOOX M販売開始

 予定されていた富士通のネットブック「LOOX M」が販売開始になった。
 まだ現物を触っていないのでネット上の記事だけ確認した限りでは、可も不可も無くと言った所か。
 ネットブックの標準スペックはクリアされている。
 難を言えば重量の1.2キロは重すぎだから1キロ程度にして欲しいし、バッテリーの持続時間も重い割りには短い所はどうにかして欲しい。
 その分ACアダプターが軽いと言うなら、救いはあるのだが。
 メーカーにとって頭が痛いのは、性能を上げてアピールしようにも上げるとXPではなくVistaを入れなければならないと言うこと。
 かと言ってVistaで気分的に許容できる程の使用感を出すだけの性能にすると、価格が跳ね上がってしまう。 VAIO Type Pが高めなのはVista採用と言うだけではないが。

 このモデルにLOOXを名乗らせたのも残念な気がする。
 LOOXシリーズは、今までパーソナルユースで使用する時の遊び感があるマシンであって、値段で勝負と言うマシンとは一線を画してきたのに。

 富士通としては、モバイル優先のマシンにはLOOXの名前を冠したいと言う思いがあるのだろうが、LOOXならではの差別ポイントが辞書を一杯載せましたと言うだけでは、ちょっと寂しい。

 どうせならカラーバリエーションを増やして、フロンターレカラーモデルなんてのをネット販売してくれれば…タイトル取ったら記念モデルが出来るかな?

|

« 出張グッズ | トップページ | 豚インフルエンザ危機 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LOOX M販売開始:

« 出張グッズ | トップページ | 豚インフルエンザ危機 »