« ブルーインパルス特集を見た | トップページ | EMが更に高速通信をするそうだ »

2009年6月 9日 (火)

JAL機内でボヤ騒ぎ

 JALの関空発台北行きB767で、着陸4分前に小火騒ぎがあったと言う。
 特に発表はされていなかったが、報告を受けた国交省も特に発表してなかったから、JALだけ責める話しでも無い気がする。
 シートにライターが挟まっていたそうだが、確かライターの持ち込みは禁止されていなかったか?
 たばこを吸わないので、ライターなんて縁のない品物だから今まで気にしたことが無く、詳しい話は判らないのだけど。
 台湾側はテロの可能性は無いと見て放火の線を疑っているそうだけど、確かに日本の飛行機で台湾に対したテロを仕掛ける理由も無さそうだ。

 ただ、この機体、乗客が33人しかいなかったとか。
 この時の機体は267人乗りだったそうだから、10%強位の客しかいなかったことになる。
 本来なら737クラスを使いたいところだろうけど、航続距離的に余裕が無いので仕方が無いのか?

 関西からと言うことを抜きにしても、この時期の平日に海外旅行に出ようって人間はそう多くないと言うこと。
 GWも終わって、旅行にでるにはどこに行くにしても安い時期なので、旅に出たいなと思うのだけど、休みは都合付けても先だつものが…

|

« ブルーインパルス特集を見た | トップページ | EMが更に高速通信をするそうだ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL機内でボヤ騒ぎ:

« ブルーインパルス特集を見た | トップページ | EMが更に高速通信をするそうだ »