« GM破産法提出 | トップページ | Windows7 10月発売へ »

2009年6月 3日 (水)

F-22輸出型開発?

 米上院歳出委員会の防衛分科会で、F-22の輸出型の開発を空軍に検討させようとしているらしい。
 F-22は輸出しないと言っている国防長官の意見と真っ向からぶつかるのだが、果たしてどうなるか?

 F-22を欲しがる国と言えば日本だけかと思ったら、オーストラリアもと言う話しなのだが、それでもたいした機数はでないんじゃないかと思われるので、輸出型開発費用が上乗せされたら、一体いくらになるのだろう。

 機密性の高い=性能に直結する部分を外す開発なんだそうだが、性能を落とすのに余計な金を払うってのも阿呆らしい。
 どうせ、輸出されなかった部分は日本が独自開発した機械を載せる事になるのだろうけど、輸出型の改造を米国が認めるかと言う点と更に余計な金がかかる点が問題。

 ライセンスにこだわらず吊るしでもいいから、オリジナルのF-22を買うと言うのなら話は判るが、F-22の形をした中身は別物なんて機体で守ってくれってのも…

 かと言ってタイフーンの魔改造やら、何時出てくるか判らないF-35をF-4の耐用時間切れを横目で身ながら待つとか、そんなもの嫌だな。

 やはりここはF-22の」後継を狙う事にして、現状はF-15FXなりSEなりを使うべきなのかもしれない。
 その代わり、事故が起きると同系統のF-15は全機飛行停止なんて事にもなりかねないけど。

|

« GM破産法提出 | トップページ | Windows7 10月発売へ »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/45217364

この記事へのトラックバック一覧です: F-22輸出型開発?:

« GM破産法提出 | トップページ | Windows7 10月発売へ »