« USB充電アダプター | トップページ | 工人舎 PMシリーズを触ってみた »

2009年10月 5日 (月)

NetWalkerを触ってみた

 等々力競技場から大阪へ向かう途中、新横浜でのぞみ乗り換え待ちの際にビックカメラでNetWalkerを触ってきた。 

 感想を一言で言えば「コレいらない」で済んでしまった(笑)

 手に取った時の印象はバランスが悪さ。
 キーボードとディスプレイの蝶番部に重量物(バッテリー?)を持ってきているのだろうが、開いて持つとキーを打とうとすると、向こうに倒れそうになる。
 キー操作で親指を放しているから、ホールド感がきわめて悪い。
 その上、キー操作を親指でやるのにきちんと押し込めない。
 と、言うかタッチが良くなくて反応が悪いのかもしれない。
 タッチパッドも宜しくない。
 右の親指で操作させるのは良いが、パッド部分が小さすぎてきちんと扱えないのだ。
 精密な作業には不得手な親指を使わせるのなら、EM・ONEの様にトラックポイントにするべきだ。
 コストはこちらが安いのだろうが、使い勝手が悪いのでは話にならない。
 手に持って使わないならどうか?
 このキーサイズだと、タッチタイピングは無理。
 人指し指だけで打っていく事になりそうだ。
 それにテーブルに置いて操作するのなら、NetWalkerである必要は無い訳で。

 EM・ONEにしろW03にしろ、他からの依頼では良く考えられたいいものを作るのに、自社の冠かぶせた製品にその経験がまるで活きていないのは、一体何故なのだろう。 

 正直なところ、これならEM・ONEのボディを改良してにLinux載せるほうがよかったんじゃないかと?

 多分、コスト的に割が合わないだろうけど。

|

« USB充電アダプター | トップページ | 工人舎 PMシリーズを触ってみた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

PDA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NetWalkerを触ってみた:

« USB充電アダプター | トップページ | 工人舎 PMシリーズを触ってみた »