« 年末は高速千円は無し | トップページ | 名古屋 ACL準決勝で散る »

2009年10月28日 (水)

「くらま」 衝突事故

 関門海峡で「くらま」が韓国籍のコンテナ船と衝突し、艦首部分を破損火災まで発生させてしまった。
 艦首部分にペンキを格納してたのに火がついたとか、そんな話しもあるようだが、実際の所はどうなんだろう?
 確かに艦首のあの部分はさして重要なものは無いから、格納庫に割り当てられていてもおかしくないが。

 事故の場所は関門海峡で最も狭い部分でどちらかが沈没でもしていたら、それこそ海峡封鎖となってしまうところだっただけに、航行可能であったことは不幸中の幸いだったと思う。
 今までに流れている報道だと、右側通行がルールで追い越しもダメな海峡内でコンテナ船が前方の貨物船を追い越すのに左側に進路を変えて、前方から来た「くらま」の進路に飛び出してきた様なものらしい。
 陸上で言えば、ハミ禁のイエローラインの所で対向車が来ているのに追い越し掛けたってところだろうか。

 報道の通りなら韓国船のチョンボである。
 いくらテロリスト祭りの最中とは言え、日本海軍の軍艦に特攻して大破させたなんてアトラクションを企画するかね、普通(ーー;)

 取り敢えず、海保がしっかり見張っている中での事故だから「くらま」が一方的に悪者にはならないと思うが、問題は政府である。

 北沢防衛相は「事故の責任は双方にあり」とか言っちゃったそうで。
 そのくせ、記者会見では「海保が調査中だから」とのらりくらりと逃げている。
 だったら責任の話しなんかしなきゃいいのに。
 こんなのがトップだと、自衛隊も大変だわ。
 相手はこの手の話になると自分の悪事を棚に上げて相手を責めまくる韓国だってのに、何考えているんだか。
 ポッポが動き出したら「友愛」とかで、原因調査も終わらんうちに謝罪にソウルに飛んで行きそうだし。
 まぁカミさんと遊びに出掛ける口実なんだろうが。

|

« 年末は高速千円は無し | トップページ | 名古屋 ACL準決勝で散る »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「くらま」 衝突事故:

« 年末は高速千円は無し | トップページ | 名古屋 ACL準決勝で散る »