« 「坂の上の雲」は小説です | トップページ | ブルーレイが普及しない理由 »

2009年11月15日 (日)

釜山の射撃場火災に思う

 痛ましいっすね。

 屋内射撃場があんな街中の雑居ビルみたいな所にあるって、商売として成り立つってのも凄い話しですが。
 恐らく、音が漏れるのを嫌って窓は全部塞いで、出入り口も扉が複数あったんじゃなかろうか?
 日本だって雑居ビルの避難経路はかなり怪しいが、韓国が日本よりしっかりしているとは到底思えないから、火が出たらアウトでしょう。

 それはそれとして、ニュース映像を見て違和感があったのが、この射撃場の看板が漢字とカタカナで書かれている。

 韓国人は客として来ないらしいけど。
 兵役で半ば強制的に射撃をやってて、恐らく軍歴で嫌な思いをしたことが思い出させられるのだろう。

 国際大会で好成績を収めたご褒美が兵役免除な位だし。

 案外、射撃より火炎瓶の方が好きな国民性だったりして…

 日本人は逆に軍歴が無い人間の方が圧倒的に多いから、好きな人は撃ちに行くし、滅多に撃てないから行ったらたっぷ撃って来るので、客としては上物だろうし。

 反日が国是みたいな国でこんな看板出してて、よくもまぁ襲撃に合わないものだと思う。

|

« 「坂の上の雲」は小説です | トップページ | ブルーレイが普及しない理由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 釜山の射撃場火災に思う:

« 「坂の上の雲」は小説です | トップページ | ブルーレイが普及しない理由 »