« 機内持ち込み荷物厳格化 | トップページ | F15の御難は続く? »

2009年12月 4日 (金)

次期主力戦闘機はF35?

 政権交代後、あれこれとバタバタしていて忘れられていたかの様な話題だが、F35を選定なんて話があるらしい。
 F4の後継としてF×候補はいろいろ有った訳だが、結局ここに落ち着くんですかね?
 問題はいっぱいある。
 2ちゃんの関連スレで「足が短く鈍足で思い物が持てない虚弱で値段が高い」と評されたそうだが、確かにそうだ。
 F2が抱えている問題がF35でも再発するとなると、ちょっと厳しい。
 単発エンジンでは出力はそう上げられないだろうし、VTOLのB型も同系統のエンジンを使う以上ノズル周りの設計は制限があるだろう。
 第五世代機としてステルス性を要求すれば、機体内部への兵装格納もある分燃料タンク容量が割を食う。
 コンフォーマルタンクってわけにもいかんだろうし。
 実質的な足の長さを確保できないのは、作戦行動に制限を受けそうだ。
 更に厄介なのは、この機体のソースコードを開発国も含めて一切提供しないと言う事。 流石にイギリスにはある程度は提供されるだろうが、日本はどうだろう?
 ミサイルから爆弾、ECMなんかの電子機器に至るまでアメリカ製を使うなら、さしたる問題はない。
  だが、日本の場合は自主開発している空対空ミサイルとか対艦ミサイルがあるし、F15の時にブラックボックス化された電子機器を自主開発した経緯を思えば、今回も自主開発となるだろうし。
 その際に機体側のソースコードが無ければ、すりあわせが出来ずに使い物にならなくなってしまう。
 バカなれんほーなら「アメリカ製のどこが悪いんですか」位のことは言いそうだが、この点は譲れないだろう。
 ロシアや中国も第五世代機を投入してくることを思えば、西側で形になる第五世代機はF22を除けばF35だけなので、選択の余地がないのも事実だけど。
 つなぎでタイフーンやライノと言うのもありだろうが、本命とはなり得ない。
 果たしてF15の代替え時はどうなることやら?

|

« 機内持ち込み荷物厳格化 | トップページ | F15の御難は続く? »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次期主力戦闘機はF35?:

« 機内持ち込み荷物厳格化 | トップページ | F15の御難は続く? »