« 「ディアフターツモロー」を見た | トップページ | 大分トリニータは大丈夫なのか? »

2009年12月23日 (水)

皇帝帰還

 「皇帝」ミハエル・シューマッハがメルセデスで復帰することが決まったそうだ。

 最強の皇帝が戻って来るとなると、来シーズンのF1は彼とメルセデスを中心に回っていくことになるだろう。

 問題は彼が休止中にどれだけ体を維持していたかと言うことと、メルセデスの10年型マシンとの相性がどうかと言うこと。
 レース感が戻るまで中々勝てないって事はシューマッハの場合は考えにくい、と言うより勝てなければマシンの責任にされるかもしれない。

 何にしろ、小粒になったF1レーサーの中でどこまで存在感を発揮するか、見物ではある。

|

« 「ディアフターツモロー」を見た | トップページ | 大分トリニータは大丈夫なのか? »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皇帝帰還:

» シューミ合意、フェラーリ失望 [Calcio.info]
●ミハエル・シューマッハがメルセデスGPと来季F1GP戦の為に、Brackleyで1年契約にサインしたらしいと、独紙”Bild”が報じてます。 ロス・ブラウンが率いるチームとの契約金は、700万ユーロとの事。来年3月14日バーレーンでレース復帰か...何か、色んな事があった今季F1を締めくくる大エピソード。 ロズベルグとシューマッハ、ドイツ・ドライバー・ペアの誕生。やはり、マッサ事故の際の一時的F1復帰可能性騒動が、ミハエルの心に再び火をつけてしまったのかもしれない。 ●フェラーリのLuca ... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 13時17分

« 「ディアフターツモロー」を見た | トップページ | 大分トリニータは大丈夫なのか? »