« シビックRS | トップページ | iPhoneの検索エンジン変更? »

2010年1月21日 (木)

ミスリードな記事

 先日、円周率の計算で筑波大のスパコンの作った記録をフランスの技術者がパソコンが破ったと言う記事があった。

 タイトルだけ見ると、超高価なスパコンを市販のパソコンが破ったかのように見えるのだが、よぉ~く記事を読んでみると、ちょっとおかしい。

 筑波大が計算に擁した時間が73時間に対して、フランスの技術者は131日掛けて計算したのだと言う。
 1日24時間ずっとパソコンをブン回していたとしたら、計算に3144時間掛かったことになる。
 1230億桁余計に計算しているとしても、スパコンの処理時間より桁二つ違うわけで、そんなに時間を掛けて計算出来たと言っても、より短い時間で計算できた筑波大のスパコンの能力を貶められるような話しではないだろう。
 今回は円周率だから悠長に計算する暇が有った訳で、これが仮に明日の天気予報を計算で求めろとなった時に、3日も4日も掛けて計算する訳にはいかないのだから。

 1230億桁余計に計算できたプログラムのロジックについて語られるならまだしも。

 むしろ私が注目するなら、131日間連続で問題なく稼働させられたPCの環境だろう。
 27万程度で4ヶ月以上無停止で動かせたとしたら、かなりいいんじゃないか?
 OSはWindowsサーバーか?Linuxか? それともMacOS?
 HDDは5台繋いだと言うがRAIDは組んでいたのか?
 二重化とかはやっていたのか?

 前向きに記事書くなら、いくらでも記事に出来そうな用件はあるだろうに。

|

« シビックRS | トップページ | iPhoneの検索エンジン変更? »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミスリードな記事:

« シビックRS | トップページ | iPhoneの検索エンジン変更? »