« 参院の代理投票に思う | トップページ | 東京モーターショー 東京に帰る »

2010年4月 4日 (日)

雷鳥計画 追記

 前回Thunderbirdについての記事を書いた後の追記。

 タグ毎に分類出来ればとと思ったら、ちゃんと機能は持っていた。
 メール一覧の右隅に、何やら罫線っぽいアイコンがあるのでクリックしてみたら、表示する項目を選択できる窓が開く。
 その中に「タグ」があったのでマークし、ついでにメールサイズもマークして窓を閉じると、タグの状況とサイズが右隅に表示された。

 一番右だと目立たないなと思い、項目名を左クリックして左に移動させると場所も移動。
 見たい情報を集中させる様に変更完了。
 おかげで「ToDo」や「スケジュール」で、未解決なものやスケジュールが終わったものをチェックするのにソートできるで管理が楽になる。

 そしてデカいメールも一目瞭然に。
 添付ファイルが大きいのが原因で、今まで使っていたソフトでは全部込みでしか処理できないので、処分するにはメールごと削除する以外無かったのだが、Thunderbirdでは添付ファイルを分離して削除する機能がある事を発見。

 大抵、メールで送付されたファイルは取り込んでしまっているので、メールに残しておく必要はない。
 試しに40MBを超えるメールから添付ファイルを分離削除したら、6KBまで削減(笑)
 メール本文を残すだけなら、かなりの両のメールを確保できそうだ。
 万が一、ファイルを消してしまった時のリカバリ用にメールの添付ファイルが残ってればと言うのもあるが、それを言ったらきりがないので重要なのは残して月一くらいで見直し掛けて分離削除してしまうことにした。
 分離したファイルとメールとの紐付けは、フォルダ名にメール受信日付を入れておけば何とかなるだろう。

 Thunderbirdはマニュアルらしいマニュアルも見当たらずヘルプ機能も貧弱なので、他にも使える機能があるかもしれないから、地道に探して行くのもありかも。

|

« 参院の代理投票に思う | トップページ | 東京モーターショー 東京に帰る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雷鳥計画 追記:

« 参院の代理投票に思う | トップページ | 東京モーターショー 東京に帰る »