« 氷河特急転覆事故に思う | トップページ | パソコンを買った »

2010年7月26日 (月)

F2 再生産か?

 空自のFX選定が未だにグズグズしているせいで、古き良きアメ車のごとき頑丈さを誇るファントムもかなりヤバい状況に陥っているらしい。
 F4の任務をできるだけ減らして耐用時間をセーブしているそうだが、それも限度というものがある。
 パイロットの練度維持に支障をきたすほど減らすわけにも行かないし、任務の肩代わりをするF15にしても酷使していいと言うわけでも無い。

 にも拘らず、未だにF22に未練があるのか、それともF35がすぐ手に入ると思っているのか防衛省も空自も動きが鈍い。
 何となく誰も主導権を握っていない様に思えるが。

 そんな状況で一端生産中止が決まっていたF2を再生産して、F4の任務を肩代わりさせようと言う話があるらしい。

 考え様によっては悪い話しではない。
 今更F15のラインを再開させる訳にも行かないし、完成品をとなるとボーイングはシンガポール空軍向けF15のラインを維持しているとはいえ、ベースはF15Eなのでそっくりそのまま日本に持ってきても新型機導入と指して差がない。
 F15でさえそうなのだから、F18やらタイフーンがここに滑り込む訳も無く。

 そうなるとまだラインが閉じていないF2を追加生産するのは、一番コスト負担が少なくなる。
 ラインはそのまま、運用側もノウハウはあるとなれば、ただ作るだけで済む。
 飛行隊の編成とか、運用側はその辺をいじる必要はあるだろうけれど。

 問題は、F2に固有の問題とか本当に無いよな?と言う所。
 運用しているのが空自だけなので、まだバグが残っていてもおかしくはない。

 そして支援戦闘機なので、征空戦闘機として使うのはどうなのだろうか?と。
 F4よりは性能は上だろうけれど、フランカーとやり合ってどうか?
 F2の立ち位置が変わるようならば、それに合わせた改修も必要になるだろうし、将来的に余計な予算を組まなきゃならない様な事にはならないか?と言うのが気になる。

 まぁFXがすぐに決まらないならF2を征空戦闘機仕様に改造して追加生産して、F35までのつなぎに使えばと思っていたので、本当にそ線で進むなら予想がちょっとあたったかなと(笑)

 あの青の迷彩塗装が好みなんですよねぇ。

 でもF2の征空戦闘機仕様って…F16とどこが違うんだ?と言う気もしないでもない。

|

« 氷河特急転覆事故に思う | トップページ | パソコンを買った »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F2 再生産か?:

« 氷河特急転覆事故に思う | トップページ | パソコンを買った »