« 牛丼戦争 夏の陣 | トップページ | 「上海-茨城」4000円より »

2010年8月 1日 (日)

あまりにあほらしい遭難

 先日、防災ヘリが救助活動中に墜落した事故があったが、それに関連したあほらしい遭難が発生していた。
 日テレのクルーが事故現場への取材で遭難し、心肺停止状態で発見されたと言う。
 てっきり、この手の山岳事故の取材に慣れたスタッフを派遣しても、遭難するほど厳しい山なのかと思ったら…
 入山したスタッフはどちらも軽装で、登山に関係しそうな装備は水と軽食だけだったのだという。
 はっきり言って、おまえらはバカかと。
 沢登りの一行が事故を起こして、救出にヘリを出さなきゃならない様な所が、そんな簡単な所の訳がないだろうに。
 装備を聞いただけで、山登りなんか経験がほとんど無い素人を行かせたとしか思えない。
 行く方も山をなめてれば、行かせる方も無責任。
 取材ヘリで容易に近寄れない様な状況だから地上から行かせたんだろうが、どうしてそこに登山取材のベテランを行かせないのかと。
 沢登りと聞いて行かせる方もなめてたとしか思えない。
 これは単なる事故ではなく、業務上過失致死を適用したっておかしくない。
 どうせ報道局の指図なんだろうが、きっちり責任者を特定して書類送検くらいしておかないと、今後もこんなバカな事故が起きるぞ。
 事故機をどうしようか?って当局が悩んでるところに、現場によけいな仕事を増やすのが報道の使命なのかね?

|

« 牛丼戦争 夏の陣 | トップページ | 「上海-茨城」4000円より »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あまりにあほらしい遭難:

« 牛丼戦争 夏の陣 | トップページ | 「上海-茨城」4000円より »