« 携帯からのアップ | トップページ | 遅ればせながら…無線LANルータ導入 »

2011年2月 3日 (木)

政府専用機退役?

 政府専用機が退役するかも?と言う話しがあるらしい。
 90年代に貿易黒字減らしの一環で、当時最新鋭のB747ー400を2機購入して空自で運用していたのだが、困った事に整備を請け負っていたJALでコスト削減の為にB747を引退させているため、JALで請け負う設備が無くなってしまうと。
 機体そのものは民航で酷使されてた機体より遙かに状態はいいのだろうが、整備が出来ないってのは痛い。
 空自にいつまで使うか判らないたった2機の為に、整備環境を設けろと言うのも酷な話しだし。
 せめて747ー8のカーゴを採用してれば、整備環境を流用出来るのだろうけど。
 777に代替するにしても、財政が苦しい中予算が付くか判らないし、安全性を考えると双発機でいいのか?とも思うし。 エアフォース1が採用するならまだしも。
 しかしあっちも747が無くなったらどうする気だろう? A340って訳にも行くまいし。

 もし代替するとしたらそれなりの理由がいるのだが、現行機が入ったときは「邦人救出任務にも云々」って理由がついていた様に記憶しているが、そんな業務に出て行った事は無い。
 今回のエジプト騒乱にしても、軍が中立を表明している事もあって派手なドンパチが無かったからチャーター機を出せたけど、イラン・イラク戦争のときの様になればどの国も自国民救出最優先で飛行機を飛ばすから、チャーターなんて悠長な事は言っていられなくなる。
 もし次の専用機を調達する事になるのなら、その辺も踏まえた機種選定をして本当に出すようにしないと。
 
 最も、そんな事をするならJALに緊急時の救援機を運用させる為に調達費用を出資し、解雇したパイロットやCAも救援機に必ず搭乗する事を条件に雇用を保証すると行った施策の方が有意義かもしれない。
 最も、あそこの組合は空気読まないから、そんな条件は絶対に受け入れないだろうが。

|

« 携帯からのアップ | トップページ | 遅ればせながら…無線LANルータ導入 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政府専用機退役?:

« 携帯からのアップ | トップページ | 遅ればせながら…無線LANルータ導入 »