« ヤマハ 250cc以上の国内専用モデル開発せず? | トップページ | ハイビームの使い方 »

2011年9月23日 (金)

ロングラン

 先週、山形まで久々にアルテでロングラン。
 最近は理由も無く走る事も無くなり、理由があっても車を使わないで済むならなぁと思う事も。
 週末は土日のどちらかは埋まっているし。
 今回の山形行きは車で行く以外の選択肢が無くなってしまったと言うのもあるが。

 朝6時半に出発するも既に東名・首都高は絶賛渋滞中。
 一体みんな何時に出てるんだ?
 首都高を諦め、環八を北上して外環道へ。思ったより環八の流れが悪かったが、首都高で行くよりはマシだったかもしれない。
 逆に東北道はあっけないほど空いている。
 東北へ観光に行く気にならないのか?
 二本松のあたりで渋滞があった程度で、スムーズに自分のペースで走れたのは、最近長距離走ってなかった身には助かる。
 この車が6MT車だった事を暫く忘れてた気がするし。
 今回は時間に余裕があったので、かなりのんびりと走る。
 最悪、19時のキックオフに間に合えばいいし、こっちから山形に出張るサポは少ないだろうから席取りは問題ないことを思えば、選手アップに間に合う位で構わなかったし。
 90キロあたりを目安に交通量を見ながら80~100キロで調整して走ると、6速で大体2300~2900回転あたりで走る。
 クラシカルなスポーツエンジン3SーGも、この回転域では静かにスムーズに回ってくれる。
 タイヤの走行音の方が大きいくらいだ。

 東北道は震災後路面を応急補修しているのでかなり段差があると聞いていたが、走ってみるとそれほど気になるところは無かった。
 ただ、応急では取りきれないうねりはかなりあったので、本格的な修理が必要だろう。

 山形道に入ると山の中をアップダウンとコーナーが続き、交通量は東北道より更に減った事もあり、緩やかなロールで抜けていく。
 こんな走り方も久々だなぁと思いつつ、山形北ICで降りる。
 国道13号を北に向かい山形運動公園へ。 地方都市らしい街並みを抜けて暫く走る。
 首都圏の様にゴミゴミした感じがないのが新鮮。
 公園の特別駐車場に入るのに戸惑うも、早い時間だった事もあって6000台収容の駐車場は停め放題。

 試合終了後、勝利の余韻に浸りながら帰路へ。
 街中はともかく、山形道は街灯は無く真っ暗。
 通行量が少ないので遠慮なくハイビームにするが、たまに追い越される車は総じてロービーム。
 追い越して行っても切り替えないが、あれで良く先が見通せるなと妙に感心。
 こちらはハイビームでも光量不足を感じるのに。

 山形道から東北道に入り、途中国見SAで給油がてら仮眠して明るくなってから帰る。
 帰りもガラガラだが、東京方面に向かう東北地方ナンバーが多い。
 被災地は無料ってのが効いているのか?
 復興支援の一環らしいが、自分の車で東京にいく事がどう復興に繋がるのかよく判らない。
 むしろ東北地域限定で1000円高速を復活させて、東京から観光客を呼び込む方がいい様に思えるが。

 燃費は往路+国見SAまでの500キロ弱でリッター15キロ弱。
 一人乗りで高速オンリーとは言え、アルテで一番の燃費を記録。 最も昔の記録はどこかに行ってしまったけれど(笑)
 まだまだアルテは手放せない事を実感したロングランとなった。
 

 

|

« ヤマハ 250cc以上の国内専用モデル開発せず? | トップページ | ハイビームの使い方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/52807842

この記事へのトラックバック一覧です: ロングラン:

« ヤマハ 250cc以上の国内専用モデル開発せず? | トップページ | ハイビームの使い方 »