« 高速歩行者死亡事故倍増 | トップページ | ホントに出来るのか?外環道 »

2011年12月15日 (木)

FXはF-35で

 散々すったもんだしたFX問題、F-35でケリがついたらしい。

 考えるに一番悪い結果ではないかと思う。
 なんせ今の時点で現物が無く、向こうじゃ機体に亀裂が見つかったとかで更に2年くらい遅れるとか言っている状況。
 性能が候補機の中で一番って理由らしいが、実機で検証できないいわゆる机上の産物の性能が高くても、絵に描いた餅になりかねない。

 配備の事を考えても、開発国への配備が一巡してからとなると一体何時日本の順番が回ってくるのやら?
 経済的にヤバくて開発国が予定数を配備できずに日本に優先権が回ってくる可能性はあるが、何処ともネゴって無いし、イギリスは「うちの割当分のタイフーン買ってくれなかった癖に」とブチブチ言いそうだし。
 そうなると、F-4の代替どころか、退役の始まったF-15の代替、所謂FXXになりかねない。

 こうもFXが揉めたのは空幕が「ラプター欲しい」と思い続け…そのくせ何もせず…政府がまるで政治力を発揮しなかった事もあるが、F-2の実質的失敗と配備打ち切りで数が足らない所をF-4で補った事で、F-4に対するFXはFSX的な任務も考えなければならない状況となってしまった事も選定を難しくした原因だと思う。
 仮にF-2が空自案にあった様にF-18ベースで行っていれば、F-2であった様な打ち切り理由は無く純粋にFXを選ぶ事が出来たんじゃないかと思う。

 FSXをF-16ベースとした時点で、今回のFX選定の混乱は約束されていたのかもしれない。
 アメリカがここまで予測してFSXにちょっかいだしていたとしたら、そうとう喰えない連中だと思うわ。

|

« 高速歩行者死亡事故倍増 | トップページ | ホントに出来るのか?外環道 »

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FXはF-35で:

« 高速歩行者死亡事故倍増 | トップページ | ホントに出来るのか?外環道 »