« B787 主脚出ず | トップページ | トヨタの86 スバルのBRZ »

2011年12月 5日 (月)

フェラーリ多重衝突事故に思う

 ニュース映像を見たときは一体何で事故ったんだ?と思ったのだが、話を聞くと現場は緩い左コーナーで登り勾配だったと言う。 
 現地では「魔のカーブ」だったとか?

 事故ったドライバーのコメントもチョロチョロと出てきたが、「ハンドル操作の誤り」とか「後輪のスリップ」とか瞬間瞬間の話しだけで、どういう状況でどんな操作をして事故に至ったかがよく判らない。
 後輪がスリップと言ってもミッドシップで且つ登り勾配で後輪に荷重が掛かる状況で、フェラーリが履く様なタイヤが濡れてたとは言え高速の路面で安易にスリップするもんだろうか?と。
 前輪に荷重が掛かってなければ、ステアがシビアに反応するとも思えないので、てっきりアンダー出して中央分離帯に突っ込んだのかと思っていたのだけれど、流石にそこまで初歩的な事故ではなかったらしい。

 あり得るとすれば、コーナーに入ってからスロットル戻して後輪荷重が抜けて外に逃げたかなぁと。
 いくらなんでもブレーキは踏まないだろうし。

 多重衝突については、車間距離が中途半端に取っていたのかもしれない。
 あの手の車でつるんでる連中って、ぶっ飛んでる癖に車間距離は市街地走行並なんて事は良くあるし。
 目一杯詰めてたなら、外に逃げる前の車が中央分離帯にぶつかって戻る前にすり抜ける可能性はあっただろうし、距離が空いてれば、余裕を持って逃げ場所を探せるし。
 まぁどっちにしても、目の前のアクシデントに反応して逃げるなんて訓練はしてないだろうし、事故は免れなかっただろうが。

 この事故で一番の被害者は現場で巻き込まれたプリウスと、対向車線走ってて飛んできた部品を喰らったベンツだろうか。
 

|

« B787 主脚出ず | トップページ | トヨタの86 スバルのBRZ »

ニュース」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

>スロットル戻して後輪荷重が抜けて外に逃げたかなぁと。

これだと推測。
速度がたいしたことなくても、加速が強くて、抜いたときに勢いがつけば。

これを、RX-8 に付いている DSC は防止してくれたんですけどね。
冷え込んだ早朝のダンロップ下と、2ヘアの手前、
足を固めた FR でエンジンが強いのが、よく@@してました。

路面が濡れている流山 IC の合流直後に、新車のスカイラインが壁面をよじ登っていた。
これも同じだと思います。
クーペでなくセダン。そして初老のご夫婦。
加速の強さを知らずに踏みすぎて、抜いたのだろうと推測です。

どちらのケースも舵角がついた状態で抜いた瞬間にポ~ン!@@・・・ って感じかと。

筑波では RX-8 で何度も@@しそうになったのですが、DSC が防いでくれました。
DSC 無しの MR だと、よけいにでしょうね。いき始めたら、なおのこと止まらないだろうし。(^_^;)

投稿: ぽてち | 2011年12月 6日 (火) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/53415703

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ多重衝突事故に思う:

« B787 主脚出ず | トップページ | トヨタの86 スバルのBRZ »