« ドコモ 通信障害発生に思う | トップページ | ホンダがシビックType-Rのリコールを発表したとか? »

2012年1月28日 (土)

トヨタ HVで耐久レースに参戦

 トヨタが耐久レースに参戦する事になったと報道があった。

 ル・マンとスパ・フランコルシャンの他に数戦に参戦すると言う。
 どちらも歴史あるコースだけに一筋縄で行かないところだけれど、いいレースをやってほしい。

 気になるのは今回HVで参戦すると言う事。
 レギュレーション上はどうなのかと。
 記事では前後輪にそれぞれモーター駆動をさせるような意味合いの記載があったけれど、AWDと言う事になったときに、それがレギュレーションがどう判断されるのかまでは記事に無かったので。
 テストではピットレーンはモーターで走り、コースイン時にエンジン始動してた様だが、THSの様なモーターとエンジンの切り替えをコース上でやるのか、それともF1のKERSの様に任意の地点での「加力装置」としての利用となるのか。
 THSであればシケインとかで速度が一気に落ちるところとか、ペースカーが入った時にモーター走行させるとかと言ったところだろうが。
 KERSの様なシステムだと、エンジンとモーターの統合制御で緩やかな出力とした方が耐久レースと言うレースの性格上良いように思える。
 KERSの様に「ドンッ」とパワーオンされてコントロールをドライバーがやるとなると、レース時間が短く且つ利用区間も多くないF1だからできるのであって、長時間いきなり変動する駆動力を制御するのは余計な疲労と呼ぶ事になりそうだし。
 モーターとキャパシタと言う重量増はHVのメリットを活かす事で問題とならないのだろうが、ディーゼルエンジンと比較した時の優位性は何か?というのも気になる。

 取り敢えずは詳細が知りたいところだ。

|

« ドコモ 通信障害発生に思う | トップページ | ホンダがシビックType-Rのリコールを発表したとか? »

モータースポーツ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83972/53845678

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ HVで耐久レースに参戦:

« ドコモ 通信障害発生に思う | トップページ | ホンダがシビックType-Rのリコールを発表したとか? »