« 新東名高速開通 | トップページ | 札幌へ »

2012年4月15日 (日)

北朝鮮ミサイル発射に何が見えた?

 北朝鮮がミサイル発射を強行。

 ま、見事に失敗した訳だけど、あんな何年かに1発ペースで打ち上げてて進歩できる程ロケット技術は甘くないって事でしょうね。
 基本は旧ソ連~ロシアの技術なんだろうけれど、あちらの国にありがちな「原理は判らんが取り敢えず作ってみた」的なものだとすると、今後も進歩は望めないんじゃなかろうか?
 アメリカもソ連も山のような失敗を積み上げて技術を確立してきたのだから。
 それを思うと日本の成功率の高さは特筆ものかもしれないが。

 あちらのミサイルはバラバラになって墜落した様だが、しっかりどこぞの国の危機管理には直撃したようで(笑)
 発射1分後くらいには第一報がアメリカから入ったらしいが、何度もテストしたJアラートとやらは作動せず結局政府発表はは発射後1時間も経ってからと言う、一刻を争う所にのんびり時間をかけるおマヌケぶり。
 聞くところではダブルチェックを掛けて発表しようとしたそうだが、何の情報とダブルチェックしようとしたのだろう?
 南シナ海に派遣したイージスも国内のレーダーも探知してなかったそうだが、場所的に無探知はあり得る。
 黄海にイージスを派遣してたならともかく、半島の向こう側を探知するのは距離がありかなり難しい筈。
 黄海に遊弋してた韓国海軍のイージスは最初から探知できてたそうなので、これは距離がモノを言ったなと思う。 
 しかもターゲットは勝手に分解して破片で落ちてくるんだから。
 日本の探知範囲内で探知できないなら、それは領土内に入ってこないって事だからそれはそれで安心材料だと思うけれど。
 何より問題なのは、一報が入った時点でなんでJアラートを流さなかったのか?と言う事。
 取り敢えず「発射情報あり」で「詳細確認後続報」と出せばいいのに。
 誤報だった時に叩かれるのが嫌だからってのがよく判る。
 間違ってたってミサイルが降って来る訳でないならそれで良し。何も言わないで落ちてきた方が問題。
 なんせコースにはあの無茶苦茶うるさい沖縄が入っているのに。
 それとも「米軍情報」とついたら沖縄が拒否反応起こすから、わざと出さなかったのか?

 今回の教訓は、どんな高性能・高機能な高級システムを作り上げても、運用する側が低級だと結局はそっちのレベルに合わされてしまうって事が実証されてしまったと言う事か。
 これが最初ではないってのが、もう笑うしかない状況だけれども。

|

« 新東名高速開通 | トップページ | 札幌へ »

ニュース」カテゴリの記事

ミリタリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮ミサイル発射に何が見えた?:

« 新東名高速開通 | トップページ | 札幌へ »